小娘のつれづれ

ライター / ずっと一人で自分の「好き」を追い続けています。2017年9月に著書発売予定



「『CDジャーナル・2017年10月号』でレビューを書かせていただきました」

今週発売の『CDジャーナル・2017年10月号』で、レビューを書かせていただきました!
今回担当したのは7人での新しい船出となったJuice=Juiceのデジタルシングル「Fiesta! Fiesta!」、そして記念すべきCDデビュー第一作となったアップアップガールズ(2)の1stシングル「Sun!×3/二の足Dancing」の2作品です。



W表紙でモーニング娘。'17が登場していることもあり、ハロプロファンの皆さんはすでに購入されてる方も多いと思いますが、個人的には今回の自著発売で私を知ってくださったSMAPファンの方にも、書店などでぜひ手に取って、見ていただければなぁと。
私の中で共存する、もう一つの大切なアイドルに関するお仕事です。*1






お仕事のご依頼はこちらまでお願いします!
→drifter_2181@outlook.jp

今まで書いたものについてはこちら
「お仕事一覧」

その他人気記事
「人気記事のまとめ」

*1:本の原稿で色々出し尽くしカラカラに干上がっていた私にとって、Juice=Juiceもアプガ(2)も恵みのような良曲で、原稿終わっても再生が止まらなかった

「「SMAPと、とあるファンの物語 -あの頃の未来に私たちは立ってはいないけど-」本日発売」

ブログで著書の出版とペンネームの変更をお知らせしてから1週間。
あっという間に時間が過ぎていって、本日9/6より、初の著書「SMAPと、とあるファンの物語 -あの頃の未来に私たちは立ってはいないけど-」が書店に並び始めます。
なんだか不思議な感じです。
私の知っている街や、私がまだ見たことのない風景の中で、誰かの「日常」にこの本が映るときがあるんだなぁと思うと、ずっと北海道の自室で本の原稿と一人向き合っていた長い時間が、やっと少し救われるような思いです。



2013年の秋に「30歳、人生1度だけ自分の好きなことに本気になろうと決めた」というブログを書いてから約4年、
2016年の春に書籍のお話をいただいてから約1年半。
なんだか、いろいろありました。
楽しいこともあったし、悲しいこともありました。

でも自分で決めたことを何があろうと一度くらい最後までやりきってみたい、そんな気持ちがありました。
顔も知らないのにブログやSNSを通じて私の文章を読んで応援してくれる、そんな人たちの存在がありました。
そして部屋の中にはいつも、人生の色んな瞬間で支えてくれた、大好きなアイドルの笑顔がありました。


その出会いが偶然なら、家族だけでなく、友達だけでなく、神様だけでなく、同じ時代を駆け抜ける他人の幸せを願う気持ちも、そんな偶然の運命も、この世の中には少しくらいあってもいい。
たった3日だけど、間に合ってよかった。

この本はアイドルという生き方を選んでくれた最愛の他者に、他人の私ができる、小さな感謝の形です。


2017年9月6日
乗田綾子


☆cakesでの連載ページ(月金・週2回更新):SMAPとそのファンの物語――あの頃の未来に私たちは立ってはいないけど |小娘(乗田綾子)|cakes(ケイクス)
☆cakes版と書籍版の違いについて:「書籍版「SMAPと、とあるファンの物語 -あの頃の未来に私たちは立ってはいないけど-」だけの”特典”情報」 - 小娘のつれづれ


今まで書いたものについてはこちら
「お仕事一覧」

その他人気記事
「人気記事のまとめ」