小娘のつれづれ

一人で見続ける、アイドルやテレビ、音楽の話。



「【アイドルレコメンド】2015年3月の女性アイドル楽曲まとめ」

※楽曲タイトルをクリックするとYoutubeで視聴できるようになっています。

* * * * * *

【紹介したもの】

鮭鮭鮭 / あゆみくりかまき


『活動スタイル的にもバックボーン的にもその音楽性も、爆発要素は案外大きく含んでる』(レビュー

仰げば尊し ~from さくら学院 2014~ / さくら学院


『その歌声に満ちていたのは、彼女たちのアイドル生活は幸せだと思える、そんな安心感』(レビュー

青春フォトグラフ / Girls be Free! / Little Glee Monster


『一時期のでんぱ組.incやライムベリーみたいな上がり目を感じさせる充実の映像作品』(レビュー

Stay with me / 東京女子流


『頑張って、どんな道だって 信じてる!』(レビュー

SPOT / lyrical school


『こんな魅力的な音楽作品を、リアルタイムで聞き逃すのはやっぱりもったいない!』(レビュー

Bye Bye My Days / 夢みるアドレセンス


『ももクロや℃-uteに続いて、5人組女性アイドルの代表格に据えられるのは一体どのグループなのか?』(レビュー

命は美しい / 乃木坂46

『デビューからのあの一貫性が、結果的に一番パワーをもたらしてて、
なおかつ無意識の挑戦者感まで備わってて、ズルい。』(レビュー

愛おしくってごめんね / カントリー・ガールズ

『グループイメージとサウンドと振付が、この声1つでぴったり揃った!』(レビュー

恋泥棒 / カントリー・ガールズ

『たまにこういう事起きるからハロヲタはやめられない』(レビュー

MY→WAY / Dancing Dolls

『色んなことが変わりまくってる2015年のリスタートというのも、風向きは良好です』(レビュー

Hamidasumo! / ゆるめるモ!

『2015年3月、ついに1年8か月ぶりのシングル!』(レビュー

Kiss Me Babe / フェアリーズ

『…再生して一秒で気分がブチ上がるのは、この曲が王道のフェアリーズサウンドだとすぐに解るから!』(レビュー


* * *

【はみだしピックアップ】*1

Green Flash / AKB48


AKB48の39thシングル。AKBグループでは珍しい、ラップが取り入れられたシングル楽曲!
AKBグループの歌唱法を考えた時には、好き嫌いがはっきりしてしまうジャンルではある。
ただ、10年目のアイドルがこれをやりだした姿勢を私はかいたいかなー。
もっと本流感を味わうならType H収録のカップリング曲『挨拶から始めよう』(Team8)。
(前回紹介:「2014年11月の女性アイドル楽曲まとめ」

anarchy in the music scene / BILLIE IDLE

f:id:drifter_2181:20150330220229j:plain:w250


元BiSのファーストサマーウイカ・ヒラノノゾミが中心となって結成した、NOT IDOLな4人組グループ。
ウイぽんとノゾしゃんの組み合わせを知った時は正直ちょっと意外に思いましたが、
なかなかどうして…実際に作品見てみると面白いほどフックありますねこの2人。
BiSの頃からヴォーカル的に面白かったのもこの2人。今後の動きに要注目です。
(※今作はiTunes限定リリース)

青春賦 / ももいろクローバーZ


ももいろクローバーZの14thシングル。
コラボ名義の前作『夢の浮世に咲いてみな』からわずか1か月という発表スピードが、
ここ数年とは違うももクロの活動スタイルをほのかに感じさせる。
youtubeにダイジェスト版が上がった「はじめてのももクロ」も、
ほんとなら数年前にあってよかったのに、でも今までももクロはずっとやってこなかったこと。*2
(前回紹介:【アイドルレコメンド】『夢の浮世に咲いてみな / ももいろクローバーZ vs KISS』

はじまりのメロディ / さんみゅ〜


さんみゅ~の8thシングル。もう8枚目なのか、時の流れは速い!
最初は「明るく、元気に、爽やかに」があまりにも効きすぎて、ちょっとドキドキする所もあったのですが
特に4thで初のオリジナルソングを発表したあたりからは、どんどん佇まいに成長が備わっていきました。
今やMVではすっかり安定感を見せられるようになってきた存在で、
そこに改めて加わる、80年代王道アイドルサウンドの味付け。
アイドル勢力図が変わりそうな2015年は、充分チャンスあり!
(前回紹介:「2014年11月の女性アイドル楽曲まとめ」

YOU / アイドルネッサンス


アイドル楽曲大賞2014のインディーズ・地方アイドル楽曲部門第一位
アイドルネッサンスが、ついにT-Palette Recordsから第一弾シングルをリリース!!
今回のシングル曲『YOU』は、1987年に発表された大江千里の楽曲をカバーしたもの。
もはや様式美として成立してきたこの世界。
その推移を温かく見守りつつ、当ブログではカバー曲のうちは月末まとめで一括紹介していく予定です。
(ご了承ください)
(前回紹介:「2014年7月の女性アイドル楽曲まとめ」

ロックななのん / ななのん


なあ坊豆腐@那奈とPopteen現役モデル・前田希美による「ななのん」、待望の2ndシングル。
まず「ななのん」って言葉が大発明ですよね!2人並んでるだけでひれ伏してしまうその可愛さです。
プロデュースはSMAP『弾丸ファイター』やKinKi Kids『BRAND NEW SONG』、
女性アイドルではBuono!『OVER THE RAINBOW』『タビダチの歌』などを手がけているGajin。
(前回紹介:「2014年8月の女性アイドル楽曲まとめ」

☆念には念 / こぶしファクトリー
☆サバイバー / こぶしファクトリー


f:id:drifter_2181:20150311170006j:plain:w250


2015年1月2日に発表された、ハロプロ研修生出身の8人組新グループ!
”こぶし”の花のように優美に&にぎり”こぶし”のように力強いグループになるように、
そして…Berryz”工房”のスピリットを受け継ぐべく!晴れてその名が授けられました。
グループの出演ミュージカル『Week End Survivor』会場内で、ただいま限定販売中。(DVD+CD)


* * * * * *

【今月のitunes store・人気アイドル楽曲】

Green Flash / AKB48


センターは1期生の小嶋陽菜と3期生の柏木由紀。
ゆきりんにとっては今作が初めてのセンター曲。
それだけに、ここは絶対負けられない戦いでもありました。

走れ! -Zver.- / ももいろクローバーZ


タイトル曲だけじゃなくカップリングも軒並み上位に送り込み、
相変わらず、配信ではAKBと並ぶ人気を見せ続けているももクロ。
『青春賦』は特に、メッセージ性が強く配信向きかもしれない!
そう考えるとこのシングル、そして映画との出会いは、彼女たちにとってはものすごく意味のある事になりそう。

命は美しい / 乃木坂46


結果的にこのシングルで初動50万枚超えを初めて達成した乃木坂46。
ここからは本店AKBも視野にいれて、本格的にライバルとしての存在感を漂わせはじめるはず。
配信でも今後さらに注目度を伸ばしそうです。

半世紀優等生 / 五五七ニ三ニ〇



女子中学生8人によるパフォーマンスユニット「五五七二三二〇」のデビューシングル。(※配信限定)
ギター5人、ドラム3人というトリッキーな形態のその正体は…最近勢いを増しているあの私立恵比寿中学
”おかしなイメチェン"がテーマのバンドサウンドは、ドルヲタならずともちょっと聴き入ってしまう力強さです。


* * * * * *

【タワレコでの人気アイドル楽曲 / シングル】*3

一大告白タイム / DDプリンセス

f:id:drifter_2181:20150315133944j:plain:w250 (タワレコ商品ページ)


なんと全国ドラッグストアチェーンのダイコクドラッグによる、イメージガールズユニット!!
メンバーは全員ダイコク従業員!!まさに「名刺を作れば即アイドル」状態。*4
ちなみにDDは誰でも大好きではなく、”ダイコクドラッグ”の略。

You are a star! / Luce Twinkle Wink☆

 (タワレコ商品ページ)


愛乙女★DOLL、Doll☆Elementsの姉妹グループ「Luce Twinkle Wink☆」の2ndシングル。
『musicるTV』の3月エンディングテーマとしても現在オンエア中!
(前回紹介:「2014年11月の女性アイドル楽曲まとめ」

ヨゴしたくないcry / CLEAR'S

(タワレコ商品ページ)


「街はみんなのゴミ箱じゃない!!」のコンセプトを掲げて2011年に結成された、
お掃除アイドルユニット「CLEAR'S」の2ndシングル。
ネットで公式情報がいまいち追いづらいのが難点ですが、楽曲は意外にしっかりめのアイドル・スカ。


* * * * * *

【タワレコでの人気アイドル楽曲 / アルバム】*5

ロデオマシーン / アイドリング!!!

(タワレコ商品ページ)


アイドリング!!!の6thアルバム。
最近は卒業や解散報道がどうしても先行していますが、
2014年のシングル楽曲がかなり充実していた事を、これを聴いてしっかり思い出しましょう!

さくら学院2014年度 ~君に届け~ / さくら学院

(タワレコ商品ページ)


3月29日の卒業公演で、2014年度の活動を無事終えたさくら学院。
中等部3年の菊地最愛、水野由結、田口華、野津友那乃にとってはこれがラスト参加の音楽作品にもなりました。
アイドル界にも別れのチャイムが鳴り響く。ご卒業、おめでとうございます!

Grooving Party / GALETTe

(タワレコ商品ページ)


新生楽曲派アイドル「GALETTe」による、初のミニアルバム。
2015年2月のメンバー卒業に伴い、グループは現在新メンバーオーディションを開催、
新体制決定までの間、Party Rocketsの藤田あかりがサポートメンバーとして参加しています。


* * * * * *

【タワレコでの人気アイドル楽曲 / インディーズ(渋谷店)】*6 *7

Eternal Summer / 丸山夏鈴

(タワレコ商品ページ)


ミスiD2013出身でソロアイドルとして活動中の丸山夏鈴による、1stシングル!
シングル制作の経緯などはこちら→「丸山夏鈴の1stシングルCD『Eternal Summer』応援プロジェクト

☆シャントン・ラ・ムール2015 / N☆RNiR

 (タワレコ商品ページ)


芸能プロダクションKIEから生まれた、ゲキジョー型アイドルユニット「N☆RNiR」の2ndシングル。
メンバーの鶴巻星奈は、以前ミスiD 2014のセミファイナリストに残ったことも。

パステル☆フューチャー / Sweet☆Pastel

   (タワレコ商品ページ)


グラビアアイドルの楠みゆうも所属している、「Sweet☆Pastel」の2ndシングル。
作詞作曲はなんとAKBグループやももいろクローバーZの作品を多数手がけている、樫原伸彦さん!*8
ちなみに樫原さんは、初期SMAPにも2曲参加しています!
いますぐ天気にしておくれ』は初期SMAPライブのキラーチューンであり傑作!!

先月のまとめはこちら
「2015年2月の女性アイドル楽曲まとめ」

その他のまとめはこちら
「おすすめアイドル曲のまとめ」

*1:単独記事化は出来なかったけど、人によってはものすごくハマる可能性も秘めている楽曲です。

*2:既存ファン層以外への明快な働きかけ

*3:参考:全店総合シングルチャート(~15/3/29) / http://tower.jp/chart/5

*4:Berryz工房『普通、アイドル10年やってらんないでしょ!?』

*5:参考:全店総合アルバムチャート(~15/3/29) / http://tower.jp/chart/4

*6:参考:渋谷店J-INDIESチャート(~15/3/29) / http://tower.jp/chart/8

*7:すでに上で紹介している楽曲は除く

*8:有名曲だけでも、AKB48『桜の花びらたち』、SKE48『羽豆岬』『枯葉のステーション』、高城れに(ももいろクローバーZ)『恋は暴れ鬼太鼓』など

【アイドルレコメンド】『Kiss Me Babe / フェアリーズ』

☆2015.3発売
☆フェアリーズの10thシングル
* * *


グループ活動が増えてきたことに伴い、昨年のアイドル楽曲大賞では再びジャンプアップを果たすなど
復調の兆しがみられるフェアリーズの、2015年第一弾シングルになります!



* * *


…再生して一秒で気分がブチ上がるのは、この曲が王道のフェアリーズサウンドだとすぐに解るから!
幼さと背伸び感が同居するフェアリーズのユニゾンボーカルって、うまく接続させると
「海外のセレブゴシップ誌読みながら非日常を空想してる女の子」 *1 がその先にふわっと浮かび上がってきて、
その絶妙な思春期加減が、すごくいいんです。
あとその10代像を他アイドルで描ける所が現行ほぼいないというのもフェアリーズの大きな強み。
これだけでもこのグループはもうちょっと評価されていいと思っちゃう。


楽曲的に注目したいのは野元空さんの軽妙なラップパート。
リズム感ももちろんですけど、この子はまだ若いのに自分でリリックに色づけをできる自信と度胸が備わってる。
何年か前の℃-uteじゃないけど、ここもそろそろ対外試合させてあげてほしいなぁ。
すっごくいい仕事するはずです。



<MUSIC STORE>


<こちらも推せます>
【レコメンド】『Super Hero / フェアリーズ』
【レコメンド】『Run With U / フェアリーズ』
【レコメンド】『White Angel / Fairies』

<これまでのまとめ>
「おすすめアイドル曲のまとめ」

twitter / 自分について
@drifter_2181 / 自分について

*1:あくまでもガチの海外ファッション誌ではない所がミソ