読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小娘のつれづれ

ライター / ブロガー ずっと一人で自分の「好き」を追い続けています。お仕事のご依頼はこちらへ→ drifter_2181@outlook.jp



「女性受けを軸に一度本気でハロプロのセレクトコンピを考えてみた」

音楽の話 女性アイドルの話

昨日の続きみたいな。

んで、自分ならいざどうやって楽曲選ぶだろうって考えた時に、
あのラインナップの中だと自分の特徴は完全に性別くらいしかないので、
ならいっそのこと全力で女受けを狙ってみようかと妄想した。


* * *


1 初恋サイダー / Buono!

 
Buono! 『初恋サイダー』 (MV) - YouTube 

まぁのっけからつんくワークスではないものを入れてしまうんですけど、
やはり近年の女性人気を見る限り、もうこれは絶対外せないと思う。
ド頭に入れて、思い切り大人げないスタートにしたいです。


2 ロマンスの途中 / Juice=Juice

 
Juice=Juice 『ロマンスの途中』 [Romance is on its way] (MV) - YouTube

そしてこのタイミングで出すなら、やはり将来も見据えて新規ユニットは入れておきたい。
Juice=Juice自体が結構女性受けも見据えてるグループの感あるし、
千鳥格子に隠して実はつんくファンクを猛烈に刷り込むという展開を希望。


3 大きい瞳 / モーニング娘。(亀井絵里・道重さゆみ・田中れいな)

 
モーニング娘。『大きい瞳』 - YouTube

んでこれでダメ押しと。(関連記事:「むしろ6期メンバーについてそろそろ語ってみたい」


4 メロディーズ / GAM

 
GAM『メロディーズ』 - YouTube

頭3曲で挨拶という事で、ここからはちょっと真面目に構成していくとこだと思うのですが、
この曲は昨日も書いたけど、多分近年の新規女性ファンにはまだあまり知られてない気がする。
個人的には「泣いてるみたいな声が出ちゃうの」より
「絞りたてジュースをあなたに手渡す」が本当に恐ろしいリアリティのセンテンスだと思っていて、
あとPVで黄身食わせたやつは天才。


5 弱虫 / モーニング娘。(新垣里沙・道重さゆみ)

 
モーニング娘。『弱虫』 - YouTube

事務所的には「模索期」という切り口もあるこの時期、
今みたいにカップリングが多種になるまでは、2人だけの登用ってかなり珍しかったですよね。
しかもそこで選ばれたのが、ガキさんとさゆ。

1番の新垣里沙の世界と、2番の道重さゆみの世界が、
最後で一気に交差する所が圧巻。


6 甘い罠 / ℃-ute

 
℃-ute『甘い罠』 - YouTube

実は今回、一番選びにくかったのが℃-uteなんですよ。
っていうのは、℃-uteってグループ自体が、ハナから女子力高すぎるんです。

これ「女性向け」っていう視点で考えた時に、
あまりにもど真ん中の℃-uteの曲を入れてしまうと、あざとく聴こえる可能性が高い。

だからこういうコンセプトでやる時は逆に、箸休め的なポジションを担当してもらった方がいいと思う。
「寂しいけど強く生きていくわ」的な楽曲は、非常にスタンダードなつんく女子曲でもある。


7 あすはデートなのに、今すぐ声が聞きたい / スマイレージ

 
スマイレージ 「あすはデートなのに、今すぐ声が聞きたい」 (MV) - YouTube

んで℃-uteで一旦落ち着いたのちに、初期スマですよ。

私はもうすぐ30になりますけども、デート前夜の女子中学生の心境だけで
4分30秒を全て描くのって実は相当根気がいると思うんですよ。
しかもこの歌詞書いたの40のおっさんだぞ。


8 VERY BEAUTY / Berryz工房

 
Berryz工房「VERY BEAUTY」 (MV) - YouTube

まず常人でですね、
「また鏡を見つめてる あぁどうしてこんな顔よ」から物語を書きだせる人って本当にいないと思うのですよ。
しかもその後に続く言葉が「明日の朝 目が覚めた時には 美しくなってたらいいな」
そしてここのパートを歌ったのは当時の菅谷梨沙子。

この時期ってちょうど最年少の梨沙子が中学に入るくらいで、それを持ってして
グループ全員が少しずつ大人への階段に差し掛かったという
とても儚くて美しい時期なんですよね。

それを投影するかのような、
「小学校から中学校に上がる12歳の女の子の春休み」が表現されたかのような楽曲って
こういうのほんと他にないと思う。


9 ライバル / Berryz工房

 
Berryz工房「ライバル」 (MV) - YouTube

そしてこれはもう説明不要だと思います。
「ライバルは 弱気で後ろ向きな私」


上で℃-uteのこと書きましたけど、逆に入りきらないくらい候補が溢れたのがBerryz工房で、
特に小中学生時代のベリの曲は、つんくの中の「女子中学生」が炸裂しまくっている。
この辺はいっそベリで別に一枚組んでもらった方がいいような気がします。
セレクトは柳原可奈子さんで。


10 有頂天LOVE / スマイレージ

 
スマイレージ 『有頂天LOVE』 (MV) - YouTube

そして、Berryz工房が00年代の女子中学生の世界を表現していたとするならば、
次世代、10年代の女子中学生の世界がこの「有頂天LOVE」だと思うのです。
さっさと次の時代に移行して答えを当ててしまうおっさん。
もうね、グウの音も出ない。 *1


11 白いTOKYO / ZYX

 ※itunes取扱なし
ZYX『白いTOKYO』 - YouTube

しかし、実はつんくの中にいるのは女子中学生だけではない。

女性にとって、「文房具へのこだわり」って誰もが必ず一度は通る道なんですよ。
女性としての「美しくなりたい」こだわり、色気が芽生えだした時、
たぶん一番最初に転化されるのが文房具で、大体それは女子小学生のタイミング。
流行はありますけど、どの時代の小中学生見ても
大体文房具に対する盛り上がりってある意味鉄板な所があって。*2

で、やたらかわいいノートやメモ帳を揃えだす女子小学生の世界において、
「破いたノート」は、「男子」なんですよ。

しかもさらに言えば、そのお手紙に書いてある「今日もスキだよ」という言葉のチョイス。
これ、「好き」という文字を漢字で書かないあたりで、
一気に”破いたノートにエンピツで一生懸命書いた男子小学生の字”がそこに出現します。

…もうこうなってくると何が正しいのかわからなくなってくる。


12 お願い魅惑のターゲット / メロン記念日

 
メロン記念日『お願い魅惑のターゲット』 - YouTube

しかしやはりハロプロといえば、もうひとつ外せないのは
「大人の女もしっかり撃ち抜く楽曲」の魅力でありまして、
この辺からは最後そのあたりをしっかりすくって終わりにしたいですよねやっぱ。
となれば、ここでメロンがほしい所。

これはちょっとつんく楽曲ではないんですけど
非常にハロプロらしいパフォーマンス、そして女の集まりという要素が一番詰まってる印象。
もしここもつんく楽曲でいくなら、メロン→太シスで。


13 GET ALONG WITH YOU / 中澤裕子

 
中澤裕子『GET ALONG WITH YOU』 - YouTube

何回でも言うけどね、こんなに大人の女の幸せを見事に描いたアイドルソングねーぞ!

社会に出て酸いも甘いも噛み分けた、そんな女に
「近頃私、恋をしています」って歌わせるの最高すぎる。
これ年1くらいで今だに泣きそうになる。


14 dearest. / 松浦亜弥

 
松浦亜弥『dearest.』 - YouTube

んで最後の方になってきて、やはり女の幸せを一つ形に表すと
それは「愛する人と出会う」という出来事になり。

これは厳密にはつんく楽曲ではないんですけど、でもつんくのプロデュースするハロプロでは
いつも世界観のどこかに「愛することの尊さ」というものがあるので、
ハロープロジェクトの流れとして、この曲をここにいれるのは
そんな的外れにもならないかなと。

ハローの良い所は、どれだけ年数が経過して
もうすっかりお互い「女子」と呼べないような年齢になっても、
それでもそのまま共に時を重ねていける、という所だと思っています。

学生じゃなくなって、色々苦労もしながら、
自分が結婚して、向こうも結婚して、
それでも変わらずに共に歩んでいけるアイドルなんて、最高じゃないか! *3


15 I WISH / モーニング娘。

 
モーニング娘。 『I WISH』 (MV) - YouTube

で、やっと最後で、この曲です。(曲数はプッチベストが大体これくらいなので)

今まで女子だの女性だの散々書いてきましたけど、
実は(実はでもないか)かなりめんどくさい「女」というものを、
最後一気に「人生」で回収する。

この曲の「晴れの日があるから そのうち雨も降る」というフレーズは本当に見事で、
つんくには他にも「雨の降らない星では愛せないだろう?」という曲もあるけれど、
やはり人間最後には、素直なことばが一番響くような気がします。


16 彼女になりたいっ!!! / ハロプロ研修生(ボーナストラック)

f:id:drifter_2181:20121026144940j:plain:w150
ハロプロ研修生『彼女になりたいっ!!! 』 - YouTube

そして最後に今の研修生の顔ぶれでもう一つCDに収録してもらおう。
これできっとタワレコなら売ってくれる…


関連記事
「おすすめアイドル曲のまとめ」
「ハロプロ的涙腺爆撃曲をならべてみた」
「15周年のお祝いに初期のモー娘。名曲をならべてみた」

その他人気記事
「人気記事のまとめ」

twitter / 自分について
@drifter_2181 / 自分について

*1:本当はベリとスマ1期は同年代なんだけどね

*2:ベリもシール集めとかやってたよね

*3:そしてここで書いておきたいのは、それが成り立っているのは、ハローにはずっと変わらずに女性アイドルを愛し続けている、素敵な男性ファンが沢山いる事。この16年はその存在あってこそだと思います。だから私はハロプロが大好きで、ハロヲタのおっさんも大好きだ