読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小娘のつれづれ

ライター / ずっと一人で自分の「好き」を追い続けています。お仕事のご依頼はこちらへ→ drifter_2181@outlook.jp



「アイドル楽曲大賞2014のまとめ(メジャーアイドル部門 )」

※楽曲タイトルをクリックするとYoutubeで視聴できるようになっています。
※アイドル楽曲大賞2014の公式サイトはこちら


* * *

メジャーアイドル楽曲部門 トップ5

第1位

Dorothy Little Happy 『恋は走りだした』



<収録作品>
アルバム『STARTING OVER


2014年のアイドル楽曲大賞・メジャーアイドル部門を制したのは、Dorothy Little Happyの『恋は走りだした』でした!
この曲は2014年2月に発売されたアルバム『STARTING OVER』に収録されており
2011年の楽曲大賞で第2位に選ばれた『デモサヨナラ』と同じく、ライブ空間を幸せで一つに包んでいく楽曲。
新たなアイドルアンセム誕生との呼び声も高く、最後はポイント配分(思い入れ)の高さが1位の決め手となりました。


2013 最高48位 『永遠になれ』
2012 最高51位 『Life goes on』
2011 最高2位 『デモサヨナラ』
2010 最高79位 『ジャンプ!』


第2位

BABYMETAL 『ギミチョコ!!』



<収録作品>
アルバム『BABYMETAL


2014年の女性アイドル界で一番活躍したグループと言えば、やはりこの名前が浮かぶのでは?
2014年唯一のCDリリースとなったアルバム『BABYMETAL』から、
公式MVが2000万回再生を突破した『ギミチョコ!!』が第2位に。
アイドル楽曲大賞ではデビューイヤーの2011年から『ド・キ・ド・キ☆モーニング』が5位に入るなど
高い支持を受けていましたが、
世間の注目もついに重なり始めた2015年、今年は一体どこまでいくのか一瞬たりとも目が離せません!


2013 最高21位 『イジメ、ダメ、ゼッタイ』
2012 最高11位 『いいね!』
2011 最高5位 『ド・キ・ド・キ☆モーニング』


第3位

清竜人25 『Will♡You♡Marry♡Me?』



<収録作品>
シングル『Will You Marry Me?
アルバム『PROPOSE


第3位にランクインしたのはなんと、投票受付の2週間前にデビューした”一夫多妻制アイドルユニット”清 竜人25!
男性がセンターという衝撃的存在でありながら2014年1番の票数を獲得したのは、
やはりシンガーソングライター・清竜人がアイドルジャンルでポジティブに提示した音楽の力、その純粋な評価でしょう。
…っていうごちゃごちゃした解説よりこれは正直聴いた方が早い!!


次点 35位 『ラブ♡ボクシング』


第4位

でんぱ組.inc 『サクラあっぱれーしょん』



<収録作品>
シングル『サクラあっぱれーしょん
アルバム『WWDD


2014年に初の日本武道館公演を行ったでんぱ組.incが、3月発売のシングル曲『サクラあっぱれーしょん』で第4位に。
最高118位だった 『Future Diver』から約3年、2014年は前年の5位からさらに最高順位を塗り替えました!
もともとこのグループは王道の電波ソング(高速BPMとぶっ飛んだ歌詞で畳みかける楽曲)が
高めの順位を叩きだす傾向にありますが、
『サクラあっぱれーしょん』は割と間口が広い楽曲になっていたので、DDの支持も評価に重なったのかもしれません。


2013 最高5位 『でんでんぱっしょん』
2012 最高13位 『キラキラチューン』
2011 最高118位 『Future Diver』


第5位

Negicco 『トリプル! WONDERLAND』



<収録作品>
シングル『トリプル!WONDERLAND
アルバム『Rice&Snow


第5位はこちらも近年根強い支持を受けているNegiccoの楽曲!
2013年の第2位『アイドルばかり聴かないで』に続き、2年続けてのトップ5入りを達成しました。
ちなみに楽曲大賞2014の投票〆切後にはグループ初のオリコン週間売上5位も獲得、 *1
さらに全国CMにも出演するなど、結成から12年目ながらNegiccoは今も確実に成長を続けています!


2013 最高2位 『アイドルばかり聴かないで』
2012 最高9位 『あなたとPop With You!』
2011 最高149位 『ガッター! ガッター! ガッター!』
2010 最高43位 『スウィート・ソウル・ネギィー』


* * *

アイドル楽曲大賞2014 注目グループ

lyrical school 最高8位 『FRESH!!!』


<収録作品>
シングル『FRESH!!!
アルバム『SPOT


楽曲大賞ノミネート4年目にして、ついに初のトップ10入り!
2013年のアルバム「date course」の評価をきっかけに、一気に駆け上がった1年でした。
投票者コメントには絶対書かれていることでしょう、「ラップをするのは楽しいです!」


2013 最高34位 『PARADE』
2012 最高66位 『そりゃ夏だ!』
2011 最高32位 『プチャヘンザ! / tengal6』


東京パフォーマンスドール 最高9位 『BRAND NEW STORY』


<収録作品>
シングル『BRAND NEW STORY


17年ぶりに復活した東京パフォーマンスドール(第2期)が、デビューイヤーにいきなり第9位へランクイン。
ノンストップで歌やダンスを披露する「ダンスサミット」など、初代のDNAは今もしっかり受け継がれています。


次点54位 『DREAM TRIGGER』


乃木坂46 最高10位 『何度目の青空か?』


<収録作品>
シングル『何度目の青空か?
アルバム『透明な色


2013年の楽曲大賞でトップ3に入った乃木坂46は、2014年の楽曲大賞でも変わらず人気をキープ。
最高位の『何度目の青空か?』では、1期生の生田絵梨花が初めてセンターを務めたことでも注目されました。


2013 最高3位 『君の名は希望』
2012 最高46位 『ぐるぐるカーテン』


チームしゃちほこ 最高11位 『いいくらし』


<収録作品>
シングル『いいくらし
アルバム『ひまつぶし


2013年から上昇の動きを見せていたチームしゃちほこは、今年過去最高の11位を獲得。
楽曲大賞2015のノミネート候補にはすでに川谷絵音(indigo la End / ゲスの極み乙女。)の提供曲も控えており、
今年さらにどこまで人気を伸ばせるか、大いに期待!


2013 最高41位 『乙女受験戦争』
2012 最高63位 『恋人はスナイパー』


私立恵比寿中学 最高12位 『ハイタテキ!』


<収録作品>
シングル『ハイタテキ!
アルバム『金八


デビュー年からトップ5を守っていた私立恵比寿中学ですが、2014年は最高12位と少し足踏み。
ただメンバーの転校・転入もあった中で、12位、13位と複数の楽曲を上位でキープしたあたりはさすが!
2015年には新体制で初めてのアルバム発売も予定されており、楽曲大賞の参加者は絶対抑えておきたいところです。


2013 最高4位 『誘惑したいや』
2012 最高3位 『仮契約のシンデレラ』


プラニメ 最高18位 『Plastic 2 Mercy』


<収録作品>
シングル『Plastic 2 Mercy


元「BiS」のカミヤサキ、そして以前「いずこねこ」として活動していたミズタマリによる
新ユニットのデビューシングルが、いきなり18位に登場!
BiSのサウンドプロデューサー・松隈ケンタも参加している事から、
今後の展開次第では楽曲大賞2015のトップ10を充分狙える存在です。


次点206位 『too misery』


ベイビーレイズ 最高20位 『恋はパニック』


<収録作品>
シングル『恋はパニック
アルバム『自虎紹介


2013年、『暦の上ではディセンバー』で一気に知名度を上げたベイビーレイズですが
そこに甘えることなく、2014年は怒涛の良曲攻勢で昨年の92位から一気に20位までジャンプアップ!
元々歌唱力が高いことでも知られており、2015年の改名後も意外と目が離せないグループです。


2013 最高92位 「ベイビーレボリューション」
2012 最高146位 『ベイビーレイズ』

* * *

気になる動き

<上昇or安定組>

2013年秋に北海道から上京したWHY@DOLLが、メジャーデビューのタイミングで30位まで急上昇!
昨年この欄に掲載したDoll☆Elementsキャラメル☆リボンも引き続き上昇傾向にあり、
それぞれ最高30位台まで到達しています。
Party Rocketsは新体制になった後も変わらず根強い支持を受け順位が安定、
2012年結成の夢みるアドレセンスもここにきて大きく注目度がアップ!
2013年CDデビューのさんみゅ~は着実に人気を拡大中。乙女新党は4人体制最後の曲が、グッと順位を上げました。


WHY@DOLL


2014 最高30位 『Magic Motion No.5』
2013 インディーズ部門 最高72位 『ふわふわ♪Party』
2012 最高376位 『Fight!』


Doll☆Elements


2014 最高32位 『君のネガイ叶えたい!』
2013 最高105位 『ギュッとSTAR!!』
2012 最高272位 『ミラクル☆エレメンツ』


キャラメル☆リボン


2014 最高35位 『ファーストシークレット』
2013 最高38位 『スタートリボン』
2012 最高60位 『恋のmusic』


Party Rockets


2014 最高56位 『KASABUTA』
2013 最高51位 『セツナソラ』
2012 最高75位 『弾丸ハイジャンプ』


夢みるアドレセンス


2014 最高66位 『マワルセカイ』
2013 最高156位 『純情マリオネット』
2012 最高639位 『はじめての輝き』


さんみゅ~


2014 最高75位 『純情マーメイド』
2013 最高128位 『これが愛なんだ』


乙女新党


2014 最高75位 『サクラカウントダウン』
2013 最高148位 『もうそう★こうかんにっき』

* * *

中堅グループの推移

2010年前後の『アイドル戦国時代』にデビューや人気を上昇させたグループについて、
ここではその推移を追っていきます。


2014年は東京女子流さくら学院が相変わらず高い順位をキープしているだけでなく、
PASSPO☆SUPER☆GiRLSが、それぞれ順位を大きくアップさせています!
(スパガは大規模なメンバー増員があった事も影響しているのかも)
フェアリーズも2013年に比べると、2014年はグループ活動の増加と合わせて再度上昇の気配を見せました。
(※CDデビュー年はメジャー・インディーズ関係なく、1stシングルをリリースしたタイミングで記載)


東京女子流(2010年CDデビュー)


2014 最高21位 『ずっと 忘れない。』
歴代最高1位 『鼓動の秘密』

さくら学院(2010年CDデビュー)


2014 最高26位 『ハートの地球』
歴代最高6位 『FRIENDS』) ※部活動除く

PASSPO☆(2010年CDデビュー)


2014 最高31位 『くちゃLOVE』
歴代最高6位 『少女飛行』

SUPER☆GiRLS(2011年CDデビュー)


2014 最高37位 『花道!!ア~ンビシャス』
歴代最高4位 『MAX! 乙女心』

LinQ(2011年CDデビュー)


2014 最高70位 『ウェッサイ!! ガッサイ!!』
歴代最高7位 『ハジメマシテ』

ひめキュンフルーツ缶(2011年CDデビュー)


2014 最高73位 『モラトリアム』
歴代最高8位 『iの奇蹟』

アイドリング!!!(2007年CDデビュー)


2014 最高121位 『Shine On』
歴代最高11位 『Don't think. Feel !!!』

フェアリーズ(2011年CDデビュー)


2014 最高138位 『BLING BLING MY LOVE』
(歴代最高92位 『Song for You』

バニラビーンズ(2007年CDデビュー)


2014 最高171位 『恋のスナイパー007』
(歴代最高22位 『チョコミントフレーバータイム』

9nine(2006年CDデビュー)


2014 最高214位 『With You / With Me』
(歴代最高45位 『Cross Over』

* * *

大手アイドルグループの楽曲大賞2014(最高評価曲)

AKB48


2014 最高32位 『希望的リフレイン』
歴代最高1位 『恋するフォーチュンクッキー』

SKE48


2014 最高47位 『Escape』
歴代最高7位 『ごめんね、SUMMER』

NMB48


2014 最高84位 『らしくない』
(歴代最高32位 『絶滅黒髪少女』

HKT48


2014 最高58位 『桜、みんなで食べた』
(歴代最高32位 『メロンジュース』

Perfume


2014 最高91位 『Cling Cling』
(歴代最高18位 『不自然なガール』

ももいろクローバーZ


2014 最高89位 『泣いてもいいんだよ』
歴代最高1位 『行くぜっ!怪盗少女』

* * *

ハロプロ楽曲大賞とのダブルノミネート(100位以内)

アップアップガールズ(仮)


アイドル楽曲大賞2014 最高24位 『ジャンパー!』
ハロプロ楽曲大賞2014 最高54位 『全力! Pump UP!!』

THE ポッシボー


アイドル楽曲大賞2014 最高66位 『勇気スーパーボール!』
ハロプロ楽曲大賞2014 最高47位 『勇気スーパーボール!』

* * *

2014年初登場 *2

GEM(公式サイト


2014 最高29位 『Do You Believe?』
(2014 次点41位 『We’re GEM!』

アイリス(公式ブログ


2014 最高39位 『魔法の呪文』
(2014 次点142位 『アイリス』

武藤彩未(公式サイト


2014 最高42位 『宙』
(2014 次点45位 『永遠と瞬間』

Rev.from DVL(公式サイト

2014 最高107位 『LOVE -arigatou-』

Lucky Color’s(公式サイト

2014 最高113位 『グッバイDARKNESS』

おはガールふわわ(公式サイト

2014 最高118位 『トロイメライライン』

X21(公式サイト

2014 最高171位 『恋する夏!』

小池美由(公式サイト

2014 最高174位 『宇宙かくれんぼ』

ななのん(公式twitter

2014 最高186位 『ななななのんのん』

* * *

2014年トレンド

Dream5


2014 最高91位 『ようかい体操第一』
(2013 最高152位 『We are Dreamer』

* * *

2014年解散

BiS


2014 最高6位 『FiNAL DANCE』
2013 最高10位 『Fly』
2012 最高5位 『primal.』
2011 最高14位 『nerve 』


おはガールちゅ! ちゅ! ちゅ!


2014 最高82位 『心友の樹』
2013 最高9位 『夏サンキュ!!!』
2012 最高7位 『こいしょ!!!』


bump.y


2014 最高323位 『孤独にVIVID』
2013 最高291位 『SAVAGE HEAVEN』
2012 最高385位 『ガラゲッチャ ~GOTTA GETCHA~』
2011 最高19位 『Kiss!』
2010 最高33位 『2人の星〜離れていても』


* * *

総評


ダントツでぶっちぎった前年の『恋するフォーチュンクッキー』のような楽曲がなかったため
各所で接戦が予想されたアイドル楽曲大賞2014でしたが、
1曲に投じる事のできる最高配点が8pts→試験的に3ptsへ変更された事もあわせ、
ここ数年では一番、大体のアイドルファンが納得できるランキングに近づいてきたのではないかな?と感じています。
特にトップ10は過去2年に比べて投票数の多かったものが順当に上から並ぶようになり、
アイドルが意図せず組織票で事故る可能性が減った…というのが個人的にはちょっとホッとしたかも
(良かれと思った行動でも少ない順位で上にくると組織票のイメージが1年間、
それはやはりアイドル本人たちにつきまとってしまうので。)


楽曲大賞の高評価と世間的評価が後に繋がったメジャーアイドルといえば
2010年のももクロ(最高1位)、2011年のBABYMETAL(最高5位)などが思い浮かびますが、
(※音楽面の評価では2012年のTomato n' Pine(最高1位)も)
BABYMETALが今のような人気を得るまでには約3年の時差があった事を考えると、
上位に選ばれたどのグループにも、”チャンス”は等しく存在していると言えるのではないでしょうか。
同時に2014年で、楽曲大賞の上位常連だったBiSやおはガールちゅ! ちゅ! ちゅ!がラストイヤーになった事から
2015年はまだデビューまもない若手アイドルグループにも、十分その機会は訪れる可能性があります。


…と長々言葉で説明しているのも段々野暮に思えてきたので、
この更新最後にアイドル楽曲大賞の投票数上位6曲×5年分をまとめた、
全30曲(2時間25分)のyoutube再生リストを貼っておきます。
この5年のアイドル楽曲大賞の歴史を振り返るという意味で、興味のある方はぜひどうぞ!
(インディーズ・地方アイドル楽曲部門のまとめにつづく!)



<その他楽曲大賞2014に関するまとめ>
「アイドル楽曲大賞2014のまとめ(インディーズ/地方アイドル楽曲部門)」
「ハロプロ楽曲大賞2014のまとめ(展望もあるよ)」

<昨年の記事>
「アイドル楽曲大賞2013のまとめ(メジャーアイドル部門 )」

<関連記事>
「第二回勝手にリミックスアイドル楽曲大賞」
「2014年のアイドル楽曲・個人的ベスト20」

<その他アイドル曲のまとめ>
「おすすめアイドル曲のまとめ」

twitter / 自分について
@drifter_2181 / 自分について

*1:そのシングル『光のシュプール』は12月発売のため、楽曲大賞2015のノミネート対象

*2:最高位が200位以内で、グループ在籍中のソロデビューは除いています。手作業なので漏れがあったら教えてください!