小娘のつれづれ

ライター / ずっと一人で自分の「好き」を追い続けています。お仕事のご依頼はこちらへ→ drifter_2181@outlook.jp



「震災と少女たち」

2012年3月11日。
東日本大震災から1年のこの日、
人々はいろんな形で、この1年の思いを刻んだ。

それは、女性アイドルも同じである。
この日、彼女たちは様々なブログ、ステージを通じて
追悼の意、願い、強い決心を口にした。

そうして発信された沢山の言葉の中で、
私が特に印象深かったのは、乃木坂46のブログだった。



あの震災の瞬間は昨日のことのように強く記憶に残っています

沿岸沿いに祖母が住んでいて
幸い祖母は無事でしたが住まいは津波で流され、
見慣れた町並みは信じられない光景でした。

祖母の無事を確認するまでの思いは
もう不安で怖くて心配で
言葉では言い表せません。

震災後、復興活動が始まり
私に出来ることは何か一生懸命考えましたが
当時の私には
募金や祖母のおうちの片付けを手伝うくらいのことしかできなくて、
あまりにも力がありませんでした。

あれから1年。


私は乃木坂46として
震災から1年"明日へ"コンサートに出演させて頂くことになりました。


私は乃木坂46の最終オーディションのとき言ったことがあります。


私の住んでいる宮城県は地震の被害にあいました。
私には歌やダンスしか取り柄が無いから
乃木坂46に入って私の大好きな歌やダンスを通して
東北のみんなと一緒に元気になりたいです。



昨日、夢の第一歩を踏み出すことができました。


たくさんの人に笑顔になってもらいたい。



<乃木坂46 大和里菜(公式ブログ)>
http://blog.nogizaka46.com/rina.yamato/2012/03/003462.php

今日は東日本大震災から1年が経ちました。


去年の3月11日
私は中学校の卒業式でした
私は卒業式が終わって、友達の家に遊びに行っている時に地震に襲われました。
いつもみたいに直ぐにおさまるだろうなと思っていました。
きっとみなさんの中にもそう思った方もいらっしゃると思います。


でも家に帰ってテレビをつけたら想像を絶する光景がうつっていました。


あの時
私は、私なりに何か出来る事はないのか?と考えました。


同じ東北の方々が頑張っている!


でもあの頃の私には力がなくて...



でも、今私は乃木坂46の生駒里奈になりました。


今までの私では出来なかったことが、沢山出来るようになりました。


私達乃木坂46はまだまだ未熟です。


でも私達には歌があって、アイドルとしてみなさんに笑顔を届ける事が出来ます
昨日、NHKの震災から一年"明日へ"コンサートに出演しました。


全力で、今の私が出来る全力の笑顔と歌とダンスを
できるだけ沢山のみなさんに届くと信じてステージに立ちました。


少しでも私達の笑顔と歌とダンスをみて笑顔になって頂けたらと思います。


これからずっと
私達は一人の人として
アイドルとしてみなさんに笑顔を届けて行きたいと思います。


一生懸命の言葉の意味を考えて、そして届くように頑張ります!!




<乃木坂46 生駒里奈(公式ブログ)>
http://blog.nogizaka46.com/rina.ikoma/2012/03/003458.php

今日、3月11日は、
昨年日本を襲った「東日本大震災」から丁度1年がたった日です。


もうすぐ学校が終わろうとし、卒業式が迫ってきているとき。
別れを惜しみつつ、これから訪れる春に心を弾ませるとき。
桜の蕾を目の端にやりながら、人々と挨拶を交わすとき。

そんなときに、地震、そして大津波がやって来ました。
それはたくさんの人を、家族を、思い出を、奪っていきました。


黙祷を捧げます。

去年までは、1人の中学生として出来ることはわずかだったけど、
こうして乃木坂46として活動しているいま、
たくさんの人と関われる機会があるので
私に出来ることをできる限りやりたいと思います。

歌って踊る。そのことしか今はまだ出来ないけど
1人でも多くの人を笑顔に、元気に、幸せにしていけたらそれで本望です。




<乃木坂46 斎藤ちはる(公式ブログ)>
http://blog.nogizaka46.com/chiharu.saito/2012/03/003453.php



今活動しているメジャーアイドルの中で、乃木坂46が少し違うのは
2011年3月11日、「彼女たちは普通の女の子だった」点である。

それぞれの故郷で、彼女たちはあの震災を経験した。
上で引用した3人もそれぞれ、宮城、秋田、埼玉の普通の学生だった。


そして彼女達は3ヵ月後、同年6月に始まった
乃木坂46第一期オーディションに応募し、「アイドル」になる。


応募の真意を全て推し量ることはできないが、
少なくとも普通の少女として震災を経験した彼女らにとって、
アイドルの意味合いは、それまでと少し違っているだろう。
あの時どうしようもない無力を感じた彼女たちが、
今力として掴もうとしているのが、「アイドルという自分」だった。





ここで、AKB48にも触れたい。



AKB48は2011年、当時すでに「アイドル」であった。
しかも普通のアイドルとは違う、「国民的アイドル」という力を持っていた。
そんな彼女たちは震災の後、
自分たちとプロジェクトの意志で、被災地支援を行っていく事を表明する。



AKB48の被災地支援は、多岐に渡った。
12億を越えた義援金(2012.3現在)、
毎月の被災地でのミニライブ、握手会。
私とAKB48の距離は、以前となんら変わっていないが
その一方で、AKBを見た被災地の子供たちの笑顔にも、
そこに嘘はないと思う。
今のAKB48にしかできない事。
震災はそれをメンバーやスタッフ、ファン1人1人に問いかけ、
それに呼応することで皆はより一丸になり、
結果、AKB48は2011年さらに飛躍した。



本題は、ここからである。




「AKB48のメンバーたちは、あの日から背負った自らの存在に耐え切れているのだろうか?」





女の子がアイドルを目指す理由は色々ある。
もちろん元気にしたい、夢を与えたいという理由の子もいるが、
単純に煌びやかな世界への憧れから、オーディションを受ける子も結構多い。


AKB48も、最初はそんなバラバラの思いから始まったグループのはずである。
そのバラバラの少女たちの思いを、
「夢を叶えるためのステップ」という提言でグループとしての強さに変え、
少女たちはわずか5年で頂点へかけあがっていった。
その結果はメンバー自身も想像し得なかったものかもしれないが、
そんな彼女たちにとって「ステップ」という言葉は、
大きくなっていく自分への重みを消化させる1つの拠り所でもあったと思う。


しかし震災によって、ステップだったAKB48は
「希望」に変わった。


20年近く国民的アイドルと呼ばれ
その中で阪神大震災も経験しているSMAPにさえ
覚悟を口にさせた相当の重責を、
少女たちは一瞬にして背負う事になったのだ。


あの3月11日に、
普通の少女が感じた無力感と、AKB48が感じた無力感。



それは同じであったはずなのに。







今日、沢山のTV局で流れた前田敦子の号泣シーン。
それを見た沢山の人たちは、どんな感想を口にしたのだろうか?


力がほしかった少女たちと、使命を課せられた少女たち。


様々な思いがよぎる。



関連記事
「あの日見たアイドルの意味を僕たちはまだ知らない」
「前田敦子はAKBの夢を見るか」