小娘のつれづれ

一人で自分の”好き”を追いかけています。

「ボーイズアイドル戦国時代」

f:id:drifter_2181:20191004223022p:plain





「なんかもう誰も口にしてないだけで、とっくにボーイズアイドル戦国時代だよねこれ」

仕事でちょうど2012年のガールズアイドル戦国時代*1を振り返っていたタイミングでもあり、直後に2019年のボーイズアイドルのMVをしこたまチェックしていたところで、ふとこんなツイートをしたら、思いのほか反応が強かった。

それこそガールズアイドルの話題が日本中で飛び交っていた2012年頃、ボーイズアイドルというのはまだジャニーズの独占ジャンルでしたけど、それでも(ももクロやエビ中が売れ始めたあたりのスタダによる)EBiDANや、(HiGH&LOWが当たったあたりからの)LDHが少しずつボーイズアイドルの芽を伸ばしてきて、そこに2017年頃からはさらにいろんな芸能事務所やローカル勢や自主立ち上げ勢が乗り込んできて、今でしょう。
(あとK-POPグループという追い風も確実にあるのかな)
(思えば「歌ってみた」ジャンルやYoutuberも広義でアイドルのくくりか)

実際”ジャニーズじゃない方”の先行チームであるEBiDANやLDHがだいぶベテランの域に入ってきて、”ジャニーズじゃない方”アイドルの幅がかなり広がったことで、今ミュージックビデオとか見ててもどのボーイズアイドルもほんとに面白い。
それこそ今の勢いって、あのガールズアイドル戦国時代ととっくに重なってるレベルだと思うんですよ。
だけどそれをいざ話題にしたくても、あんまり専門で書かせてくれそうなメディアって現状全然思いつかなくて。それが今一番難しいところ。
ほんとは嵐もyoutubeデビューする時代、ジャニーズからメンズ地下アイドルまでバーッと話題並べて、みんなで盛り上がりたいじゃないですか。
(最後はただの個人の感想)


<メモ:Google検索結果>
男性アイドル 約 307,000,000 件
メンズアイドル 約 54,200,000 件
ジャニーズ 約 52,000,000 件
ボーイズアイドル 約 15,500,000 件
ボーイズユニット 約 8,650,000 件

*1:便宜上、今回はこういう書き方で