小娘のつれづれ

一人で自分の”好き”を追いかけ続け、執筆業になりました。著書『SMAPと、とあるファンの物語 -あの頃の未来に私たちは立ってはいないけど-』(双葉社)好評発売中

「ただただテレ東音楽祭2018のモーニング娘。OGの話がしたい」

※今回はほぼ推敲してません、ご了承ください


f:id:drifter_2181:20180628132042j:plain *1

■モーニングコーヒー(中澤石黒飯田福田)

リアルタイムで見たときは「はや!!」と思いましたがなっち抜きであとに3曲控えてるとなるとこの早さもわかる。
それよりも古参が超感謝したいのは福田明日香にあんな可愛らしいドレスを着せてくれたこと。
あんな可愛らしいドレスを着せてくれたこと(ここほんと大事なので2回いいました)





現役時の明日香の衣装っていっつもこんな感じの二択だったので、まさかあの明日香が、周り回って1期最年少=肩出し脚出しドレスメンを担当する姿が20年後にやってくるなんて、っていう感じなんですよ。
しかも一晩明けて今思うのは、モーニング娘。って普段いっつも「先輩から受け継ぐ歴史」の話になってしまうんですけど、この明日香のドレスに関しては完全に後に続いたたくさんの後輩たちが1期メンバー福田明日香に着せてくれたものなんだよなって。
あぁモーニング娘。ってすごいな、やっぱりいいなって明日香のドレス姿だけですでにこれほど語れてしまう…
あと石黒彩が単独パンツ要員というところがまた素晴らしい、飯田圭織のビジュアルクオリティ半端なく、中澤裕子はやっぱりいつまでもミニ丈履いててほしいと願ってしまうところで(わからん人は「紳士はミニがお好き」でググってください)、
パンツが様になるメンバーってアイドルグループの旨味成分としてとても良い。
つんく♂のプロデューサー的感想をぜひあのノリで聞いてみたい。

■抱いて HOLD ON ME!(中澤石黒飯田福田保田矢口)

この6人が揃う番組でこの曲持ってくるのはまぁ予想のつくところとして、オリジナルが安倍福田の2TOPで、今回安倍が産休というところを突いての
後ろから保田!!!!!!!
福田保田の2TOP!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

(決めてくれた人の末永い幸せをガチで祈るレベル)


www.youtube.com


福田明日香卒業後のモーニング娘。の歌唱力をずっと支え続けていたのが保田圭、実際に福田卒業後の歌パートを保田圭が任されて歌うという構図を我々は何年も何年も見続けてきたわけで、福田と保田はずっと重ならなかったニコイチの屋台骨、
それがここにきてついに保田が並んで、明日香と『抱いて HOLD ON ME!』2TOPやるんですよ。

歌手になりたくて高校辞めてモーニング娘。に入った保田にとって、あの1999年に福田明日香の歌割を任されたのはおそらく石橋貴明に初めてイジられた瞬間くらい彼女の人生を大きく変えたであろう出来事なんですよ、それがまさかの2018年に、しかも沢山の人が見てるゴールデンタイムのテレビの中で実現するなんて。
だからかこのテレ東音楽祭2018、というか『抱いて HOLD ON ME!』を歌っている瞬間の保田は、後年のケメコキャラでもおブスキャラでもなく、ただ純粋に福田の歌パートもらってギラギラしてるあたりのあの保田圭に戻っててほんっと素晴らしい。
そしてその対になる福田明日香はさらっと(いい意味で)余裕で歌いこなしてるのが、これまたグッとくる。

あと地味なようで何十回と繰り返してみてしまうのが「何度も聞いても同じ」からの短い時間に凝縮された同曲オリジナルメンバー、福田石黒のやりとり。
福田がソロパートの「(何度も聞いても)同じ」のあたりでちょっと石黒(の来るはずの方角)に目線をやって次の瞬間に福田石黒のオリメン2人が「ねぇ別れたくない」で見事にサビ前をキメる。
石黒は本人の人柄もあってか、こういう復活ものはどこか一歩引いて歌ってしまう、他メンに主役を譲ってしまうみたいなところがいつもでてしまって、それは福田が復活するまでOG最古メン、年齢的にも上の方となれば仕方がない部分があったんですが、
今回本格的に福田が戻ってきてくれたことで、この「ねぇ別れたくない」の歌パートは久々に現役当時のあの石黒彩が見れた感じがした。
ここの石黒の表情にマイク持つ手の力の入り方に弾み方、これほんと相当楽しかったんだろうなぁって。

■恋のダンスサイト(中澤飯田保田矢口後藤吉澤)

全員30代~になった黄金期モーニング娘。OGならではの話で、出れる面子が限定されるときに、どの曲をやるかっていうのはおそらくあと5年くらい続く事情だと思うんですよ。
その流れで今回は3期後藤は出れるけど4期は吉澤しか出られない(メンバーが半分産休中だから)ってなったときに『ハッピーサマーウェディング』キツイ、『I WISH』もキツイ…となって結果選曲が4期加入前の『恋のダンスサイト』になるのはしょうがない。
つうか4期ってこれに限らず結構加入前の曲をオリメン然として歌わなきゃいけないシーンが結構多い立ち位置だった気もする。

そしてここでカメラが切り替わると卒業後の福田石黒は一度抜けていて、あーーって思ってしまうんですけど
結局その直後から私らの視線は案の定もう後藤真希ばかり追いかけてしまうのです。
吉澤以外のメンバーもオリメンなのに、もうこれはしょうがない。
あぁごっちん可愛い。ごっちん可愛い。ごっちん可愛い。こんな可愛い32歳いるかよ14歳のあの時と全然可愛さが変わってないよすごいよ後藤真希!!!!!
ほんと唯一無二のスーパーアイドル…
(そらテレ東も「ちょこラブ腹筋」流すわ)

■恋愛レボリューション21(中澤石黒飯田福田保田矢口後藤吉澤)

そしてこの曲がかかった瞬間に奇跡はおきて、なんと画面横からさりげなく石黒福田がカメラの中に戻ってくるわけですよ。
しかも現役時というかここ20年ありえなかった、恋レボのあのリズムクラップで。
私ここでテレビ前で絶叫した。

しかもさ、取り囲んだ国分太一を「さあ踊れますか一緒に踊りましょう」みたいな雰囲気でいきつつ実は入りの部分にめちゃくちゃ慣れてない感じがにじみ出ている福田明日香。
これだよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!






中澤姐さんも後にブログで言及してましたが、まさか福田明日香が33歳にして恋レボのダンス覚えてモーニング娘。に戻ってくるなんてヲタですら夢にも思ってなかったよ、こんなん実現するんだよそりゃ加護ちゃんも復活するわ。
しかも今回すごいのはそのまま、恋レボのパフォーマンスメンバーとして福田石黒が当時の4期パートに入るんですよね。
これはおそらく安倍石川辻の誰かもう一人でも産休入らず出演できてたら絶対に実現してなかったシーンだと思う、
しかもカメラ割を見るに辻加護パートを補っているのが福田石黒という!!!!!!
(※このレアさがわかる人、お互いヲタ人生長生きしてますねお元気ですか)

しかも、まだこの曲は語りたいシーンがある。
あのラブマまでメンバーとして在籍していた石黒彩はともかく、上にツイートにもあるように福田明日香は現役時代、この手のアイドルダンスというのは完全にやらずに卒業していたわけで。
この恋レボでもやっぱり気恥ずかしさがあるのか、明日香は基本ダンスの入りが微妙にワンテンポ遅いんですよね。

…なのに曲がサビに入る直前、歌詞でいうと(Woo Love Revolution)の後の(オーイェーイェイェー)でメンバーが散らばっていく瞬間、
オリメン矢口吉澤がオリジナル通りのピースマークの振りをする中で、一人手でグッとカウントとって外にハケていく同じ画面の福田明日香。


これよ!!!!!!!!!!!!!!
これなんだよ2000年代のモーニング娘。と1990年代のモーニング娘。の姿って!!!!!!!!!


そしてその直後のサビで完全パフォーマンス型でリズム刻んでる後藤真希と横揺れ絶対スタイルでリズム刻んでる福田明日香が横並びで見られたときに、モーニング娘。の20年を見た気がしてめっちゃ感動したし、どっちももっと見ていたいと思った。

あとラブマで見慣れてたとはいえ、この恋レボで1期年長の中澤石黒が並んであのダンスを踊る意味の深さたるやですよ。
一瞬なんだけどこの部分はちょっと涙すら浮かんでくる。

福田明日香の喪失感も長いことあったけど、私はこんな石黒彩のifを本当は見てみたかったんだなって、あの脱退から19年経って今やっと気づいた。
そう思うと20代後半で横揺れ絶対スタイルから完全パフォーマンス型にちゃんとスライドした中澤裕子ってほんと偉大だったんだな、かっけえよすごいよ中澤裕子


ameblo.jp


(今日からまた頑張って生きよう)


twitter / 自分について
@drifter_2181 / 自分について