小娘のつれづれ

一人で自分の”好き”を追いかけ続け、執筆業になりました。2017年に初の著書『SMAPと、とあるファンの物語 -あの頃の未来に私たちは立ってはいないけど-』(双葉社)がでました。

「ウェブメディア・otoCotoで『SMAP座談会』に参加しました」

f:id:drifter_2181:20180319112117p:plain


最近、いろんな新しい媒体の方に声をかけていただいて、大変ありがたいです。
先日、ウェブメディア・otoCotoさんにて『SMAP座談会』に参加させていただきました。
お相手は、SMAPオフィシャルライターも務めているライター/ノベライザーの相田冬二さん、そして「A PEOPLE」の編集長をされている小林淳一さん。
お二人はotoCotoで「SMAPとは何だったのか?」という対談連載をされていて、後に同名の書籍も出版されています。


内容は映画公開も控えていたということでやはり稲垣さん・草彅さん・香取さんチームの話がメインになっているんですが、まだ多くの人の中ではっきりした解釈がでていない「新しい地図」というエンターテインメントを、相田さんがあることばで表現されてるのがすごく爽快で、これ当事者であることを抜きにしてたくさんの人に見てほしい。
また後編では主に私以外のお二人が中居さん・木村さんの今後についてもしっかり触れているんですが、小林さんが語る「2018年の中居正広」の部分は実にさりげなく、だけどファンもファンじゃない人も、めちゃくちゃ必見です。

  • otoCoto

otocoto.jp
otocoto.jp


ちなみに大変ありがたいことにこの対談記事が出た後、拙著「SMAPと、とあるファンの物語 -あの頃の未来に私たちは立ってはいないけど-」に新たに興味をもっていただいた方が結構いたっぽく…
こちらはリアル店舗だと現在タワレコが比較的入手しやすいのと、お急ぎの場合は今年から電子書籍verも発売されています。
引き続きなにとぞよろしくお願いいたします。


さてやっと「クソ野郎と美しき世界」見に行くぞー!!



<STORE>



お仕事のご依頼はこちらまでお願いします!
→drifter_2181@outlook.jp

ポートフォリオ
http://komusume-2181.tumblr.com/about