小娘のつれづれ

一人で自分の”好き”を追いかけ続け、執筆業になりました。2017年に初の著書『SMAPと、とあるファンの物語 -あの頃の未来に私たちは立ってはいないけど-』(双葉社)がでました。

「矢口離婚」



関連記事
「黄金期とプラチナ期のことはだいたい分かったからその間の時期のことを教えてくれ」
「知らないと損する『涙が止まらない期』の楽曲」
「いつも笑顔がそばにあった」