小娘のつれづれ

一人で自分の”好き”を追いかけています。

「ひきだし」

f:id:drifter_2181:20191004223022p:plain

2019年もぽつぽつと過ぎてきて、あまりにもひきだしがない暮らしなので、ライフログを残してみようと思ったのだけど、手始めに今日一日を振り返って見ると、美味しい野菜を買えたとか、片付けが少し進んだとか、そういうことくらいしかない。
…本当はそういうことがあれば十分なはずなのに、文字を仕事にしようとするとどうにも自分に差別化を求めてしまってだめだ。

今日いちばん嬉しかったのは、買ったきゅうりのイボがちゃんとチクチクしていたことです。

「さよならの9月」

新しい元号になって最初の夏、北海道はいつになくずっと暑かった。
毎日お見舞いに通っていた祖父の病室も、記憶の中では、いまだ夏の終わりの蒸し暑さが残ったままだ。
2019年9月、祖父は静かにその生涯を終えて、天国へ旅立っていった。
病室で最期を看取り、通夜や告別式、初七日とひとつひとつを終えていく中で、あぁ日常を取り戻していかなければならないなと思うし、実際着実に取り戻してきているとも感じているのだが、今日はどうしても、ふいに涙が流れ出てきてしまう。
9月の最後の日が暮れる。
あぁ、じいさんがいた9月は、もう本当に終わってしまうのだなぁと、遠くなっていくオレンジ色の空を見ながら一人思っている。

写真越しに見る元気だった頃の姿よりも、今はまだ、お見舞いのときにずっと握っていた大きな手の感触や、手を握れないときに代わりにさすっていた肩の細さ、病室から見えた風景のひとつひとつ、それに棺に入っていた国鉄の制服、そういう細かな記憶ばかりを、ずっと手放せずに過ごしている。

しかしそれもいつかは、遠く離れた過去になる。

生きているからこそ、それが待ち遠しくて、寂しいのだ。


この1ヶ月の出来事とそこで降り積もった気持ちに、やはり最後に何か折り目のようなものをつけておきたくて、そうすると、やはりこの場所が一番適してるような気がした。


富良野 Furano