小娘のつれづれ

一人で自分の”好き”を追いかけ続け、執筆業になりました。2017年に初の単著がでました(乗田綾子名義)。



2017年9月発売の『SMAPと、とあるファンの物語』(双葉社)については【こちら】

【SMAP楽曲一人旅】『夏日憂歌』

『夏日憂歌』(2003)

作詞・作曲:市川喜康 編曲:小西貴雄

<収録CD>
アルバム『SMAP 016 / MIJ


SMAPの解散が発表されて、2週間が経ちました。


「夏日憂歌」を聴くと、ライブの帰り道を思い出します。きっと2003年、「SMAP '03 "MIJ Tour"」の記憶でしょう。迎えにきてくれた家族の車で、確かラジオからこの曲が流れていました。
「今日は札幌ドームでSMAPのライブがあって…」そう話す女性DJの声は、すごく弾んでいました。
真っ暗な北海道の帰り道、だけどゆっくりと流れる車窓の向こうに見えた星空は、ただただ綺麗でした。


今年も北海道は一足早く、夏が終わっていきます。
毎日新たな明日が来る。


わかっているけれど、ファンの思い出だけがずっと取り残されているようで、胸が辛い。




「最後の花火があなたの頬を照らす」
バスに揺られ蘇るは また何度と焦がれた場面

夏日憂歌 SMAP - 歌詞タイム



☆SMAP楽曲一人旅の記事一覧
SMAP楽曲一人旅 カテゴリーの記事一覧 - 小娘のつれづれ

☆男性アイドルの記事一覧
男性アイドルの話 カテゴリーの記事一覧 - 小娘のつれづれ

その他人気記事
「人気記事のまとめ」

twitter / 自分について
@drifter_2181 / 自分について