小娘のつれづれ

一人で自分の”好き”を追いかけ続け、執筆業になりました。2017年に初の単著がでました(乗田綾子名義)。



2017年9月発売の『SMAPと、とあるファンの物語』(双葉社)については【こちら】

【アイドルレコメンド】『ファンファーレは僕らのために / でんぱ組.inc』

☆2016.2発売
☆でんぱ組.incの配信限定シングル(通算4作め)
* * *


先月から引き続き、でんぱ組.incの配信限定シングルを紹介!
2月5日より配信が始まった3ヵ月連続配信シングルの第2弾、その名も「ファンファーレは僕らのために」です。*1


f:id:drifter_2181:20160212115331j:plain:w250


* * *


第1弾の「破!to the Future」は作詞:前山田健一、作曲&編曲:Tom-H@ck(アニメ「けいおん!」の楽曲提供で有名)という布陣でしたが、今作「ファンファーレは僕らのために」は打って変わって浅野尚志さんのオールプロデュース。すでに「バリ3共和国」「Dem Dem X’mas」などグループと数多く音楽活動を共にしていることもあり、心地良い春風のように、見事なでんぱ組の”ファンファーレ”が発信されました。



…ちょっとでんぱ組自体とは話がずれちゃいますが、2016年はのっけからとんでもなく濃ゆい芸能ニュースが毎日続いて、正直どこの人も、グループも、特にこの1か月はプロモーションや話題を出しづらい状況に入ってしまったのではないかと思います。


そしてそれはブームが落ち着きつつある女性アイドル界にとって間違いなく傷が大きい一撃になり得るものでもありましたが、昨年末からの流れで偶然ではあったにしろ、でんぱ組.incは結果的にこの配信シングルでかなり逆風を食い止めた形に、なったんじゃないかなぁ。


こういう時に一番怖いのは、ファンの心が折れることです。当人に直接スキャンダルがなくても、理由がなくても、畳みかけるような外部刺激からファンという儚い夢が崩れていくことが、悲しいですがこの界隈はたまーにあります。どんなに不変の人気を誇っていたとしても、ほんと、たまーに…


そして結果的にその流れに差し込む形で、でんぱ組.incはどちらかというとコアファンに向いた「破!to the Future」「ファンファーレは僕らのために」を連続で提供した。これ純粋に、モチベーションへの寄与が実はハンパなかったんじゃないかなと。強調したいのはただでさえリリースが落ち込むこの1~2月に、CDではない形式でファンの満足度を高く保てた女性アイドルがどれだけ存在していただろうか、というところで。


もちろん一番は作品が良いからこうして取り上げるわけですけども、でもそういうところからも、2016年のでんぱ組.incは改めてしっかりと追っておきたいなと思わされるのです。


<MUSIC STORE>


<こちらも推せます>
drifter-2181.hateblo.jp
drifter-2181.hateblo.jp


<これまでのまとめ>
「おすすめアイドル曲のまとめ」

twitter / 自分について
@drifter_2181 / 自分について

*1:余談ですがこの連続配信シングルに関しては、公式サイトのリリース日発表がかなりギリギリなため、いつもなかなかタイムリーなご紹介ができてませんすみません…