小娘のつれづれ

一人で自分の”好き”を追いかけ続け、執筆業になりました。2017年に初の単著がでました(乗田綾子名義)。



2017年9月発売の『SMAPと、とあるファンの物語』(双葉社)については【こちら】

【アイドルレコメンド】『夢なんて / ゆるめるモ!』

☆2015.8発売
☆ゆるめるモ!の3rdシングル「文学と破壊EP」収録
* * *


初のSUMMER SONIC 2015出演(SIDE-SHOW)に挑むことになった、6人組アイドルグループ・ゆるめるモ!
その直前に発売される作品は前作「Hamidasumo!」からわずか5か月、
グループ史上最もハイペースなリリースシングルになりました。*1



* * *


「夢なんて」を提供したのは”J-POP界の無頼派”を自称するソロミュージシャン、ミドリカワ書房。
編曲をもはやゆるめるモ楽曲ではおなじみ、箱庭の室内楽・ハシダカズマが担当していることで
ふわふわしているようでどこか熱く胸を打つ、ゆるめるモ!独特の楽曲世界が今回もしっかり確立されています。


変な話、結構ゆるめるモ!ってその成り立ちからどこか危なっかしさをずっと湛えていて
『SWEET ESCAPE』(2013年)で注目されたあたりからは特に、一体この子たちの未来はどうなっていくんだろうと
どこかハラハラもしながら思いながらその歩みを見てきたのですが


今年色んな女性アイドルグループがその形を保てなくなってきている中で、意外に?
ゆるめるモ!がしっかり形を成しているのは、やっぱりその柱に「音楽」をくくったからなのかなぁとか。
今回の文学と破壊EP、「夢なんて」以外にも「Refresh Your Jewellery Box」や「Only you」ではやはりおなじみ、
クレジットに小林愛(作詞)や田家大知(作曲 / ゆるめるモ!プロデューサー)の名前が。



(「さよならばかちゃん」作詞 小林愛 / 作曲・編曲 ハシダカズマ)


音楽を愛する一つの表現としての”アイドル”が、これからはもっともっと知られてもいいんじゃないかと思います。


<MUSIC STORE>


<こちらも推せます>
【レコメンド】『Hamidasumo! / ゆるめるモ!』

<これまでのまとめ>
「おすすめアイドル曲のまとめ」

twitter / 自分について
@drifter_2181 / 自分について

*1:1st→2ndシングルは発表までに約2年を要した