小娘のつれづれ

ライター / ずっと一人で自分の「好き」を追い続けています。2017年9月に著書発売予定



【最近のお仕事】『全力中年ロックバンド「忘れらんねえよ」のMVが最高すぎて忘れらんねえよ』(2015.6.23)

「全力中年ロックバンド「忘れらんねえよ」のMVが最高すぎて忘れらんねえよ」



全員オーバー30の3人組ロックバンド「忘れらんねえよ」の紹介記事。
外部の書き物では、初めてバンドを題材にしたものかな?

元々BiSとの絡みでバンド名や童貞偽装の話は知ってて、でもその時はまだ音楽作品まで特に手をつけてはなくて。
本格的に私が興味を持ったのは、『寝てらんねえよ』でドミノ倒しながら
「どうしたらぶっ潰せるの このクソみたいな自分のこと」って叫んでるのを聴いたときでした。



このあたりの楽曲に共感してしまうのは、
自分も30前後でやっぱり人生を見つめなおしてやりたかったことに必死こいてる現状というのと
あと実生活ではどちらかというと、私は学生の頃からバンドマンの人生の方がより身近でリアルな存在だったりして
良いことも、良くなかったことも、今なおの事大きく共鳴しているっていうのがあるかもしれません。


…あと忘れらんねえよのVo.Gtの柴田さんがバンドに舞い戻るきっかけになったというチャットモンチーの『ハナノユメ』、
個人的な思い出で、私大学4年の自分の卒業ライブでやったのが、まさにその曲だったんです…!(ギターボーカルで)



私がやった頃はちょうど前年に「chatmonchy has come」が出たくらいのタイミングで、
そしてチャットモンチーのメンバーは、私と同い年だったんですよね(現メンバーはどちらも1983年生まれ)。


彼女たちはこれから本格的に音楽の道に踏み出していくんだろうなっていう感じがあって、
その同時期に、私は学生から卒業するタイミングで、
もうこの先こんなに夢中で音楽やれることはないんだろうなという日々の思いも存在していて、
だから北海道の一個人の中では、大好きだった音楽と時間に対する別れの歌でもありました。


…でも巡り巡って、その曲をきっかけに音楽をもう一度始めた人がいて、
その紹介記事を今私が書けてるっていうのは、すごく幸せなことだなと思います。


<MUSIC STORE>


☆その他、外部で書かせていただいたものはこちら

☆ twitter / 自分について
@drifter_2181 / 自分について