小娘のつれづれ

一人で自分の”好き”を追いかけ続け、執筆業になりました。2017年に初の単著がでました(乗田綾子名義)。



2017年9月発売の『SMAPと、とあるファンの物語』(双葉社)については【こちら】

【最近のお仕事】『あなたは知っていますか?つんく♂が未来への想いを込めた名曲『雨の降らない星では愛せないだろう?』』(2015.4.6)

「あなたは知っていますか?つんく♂が未来への想いを込めた名曲『雨の降らない星では愛せないだろう?』」



つんく♂さんの声帯摘出告白を受けて、書かせていただいたものです。


私はつんく♂さんの歌詞の世界の中で、特に「雨」のとらえかたが昔からすごく好きなんですね。
記事にもありますけど始まりは『I WISH』、
雨が降るからそのうち晴れるのではなく、「晴れの日があるから、そのうち雨も降る」。
ここにあるのって喜び以上に悲しみとか、苦しみへの肯定で、
それを何よりアイドルの存在を通じて伝えたってことが、本当に尊かったしすごかったと思うんです。


ハロヲタの方ならわかっていただけると思うのですが、
盛って泣かせにかかるより、きっとポジティブになれる余韻の方が
つんく♂さんの中のベストな選択肢のような気がするので、
今回の記事はそういうことを意識してまとめました。


☆その他、外部で書かせていただいたものはこちら

☆ twitter / 自分について
@drifter_2181 / 自分について