小娘のつれづれ

ライター / ずっと一人で自分の「好き」を追い続けています。2017年9月に著書発売予定



「ネットにおけるアイドルファンの発信と線引き」

いろいろと読みました。



モーニング娘。鈴木香音は「果物モノマネ」を本当はやりたくない? ファンとの会話詳細まとめ(エンタメアライブ)

握手会での発言の取扱いに関して(えだは)



私も一ファンの立場でブログやtwitterを通じて発信していること、
そしてやはり失敗や反省を重ねながら今ここにいるということを前置きしてから本題に入りますが、
アイドルの事を発信するにあたって、やはり一番大事にしなきゃいけないのは「イメージ」だと考えています。


* * *


私の場合だと、アイドルの意思・発言として扱うのは、基本オフィシャルな発信のみと線引きを決めています。
この場合の「オフィシャル」はメディアを通したコメントや、アイドルとして公式に運用しているブログの文章など。
じゃあ今回のような個別握手での発言はどうなのかといえば、私は「アンオフィシャル」に入ると考えています。
理由はあくまでも個人間でのやりとりとして限定された空間であり、内容でもあるから。 *1


要はアイドル本人が「仕事として意識して対応しているかどうか」が
付き合い方の全てだと思うんですよね。
ましてやイメージに人生を預けて生きているアイドル稼業の人たちに対して、
ファンという免罪符を掲げる前に、私たちが一個人として「フェアかどうか」なんだと思います。


* * *


ブログをやっている以上、私にも自己顕示欲みたいなものはあります。
いや自己顕示欲っつーかさらっとマジキチなこと書きますけど
私は10代の頃から今でもアイドルと友達になりたいよ!!!ほんとに!!!! *2


……まぁそういうファンタジーを熱源にしっかり現実を歩んでるんですけども、
それでもいつか友達、とまではいかなくても一個人として認識されるような奇跡が起こった時に…
ハンドルネームではなく一人の同じ人間として、ちゃんと対峙できる自分でいたいです。
それは例え自分より一回り以上年下の女の子であっても、誰に対しても。



最近たまに「このブログを読んで自分もブログ始めました」というメッセージをいただく事があるので、
こういうものを書いてみました。


*3


関連記事
「遠い日常の中で」
「全国でドルヲタがアイドルと乗り合わせる事例が同時発生」
「アイドルになりたかった女の子」

その他人気記事
「人気記事のまとめ」

twitter / 自分について
@drifter_2181 / 自分について

*1:アイドルファン以外の方向けにもう少し詳しく書くと、普通CD店などで散発的に行われている『即売握手会』は、3~5秒くらいで剥がされるのでそもそもここまでの会話が成立しない。今回問題となっているのは、専用券付きCDを事前に購入~応募した人だけを対象に開催される『個別握手会』で、こっちは上のサイトにもあるように、ある程度長いやりとりが可能。会話が成立する=人として一歩領域に踏み込むという部分で、意識無意識以前に特に会話内容はファン当人もデリケートな情報として扱うべき案件だと、個人的には考えています。

*2:もう一回書いとくけどほんと

*3:ちなみに30歳女の意見としては、10代の女の子というファクターにどこまで踏み込んでいくかということもあるんだと思う。「育て見守る」という感覚のラインですよね。