小娘のつれづれ

一人で自分の”好き”を追いかけ続け、執筆業になりました。2017年に初の単著がでました(乗田綾子名義)。



2017年9月発売の『SMAPと、とあるファンの物語』(双葉社)については【こちら】

【アイドルレコメンド】『見返り美人 / モーニング娘。'14』

☆2014.10発売
☆モーニング娘。'14 57thシングル(トリプルA面)
* * *


わかってはいたけど、ついにこの言葉を書くときがきたんだなぁ…。


モーニング娘。の57枚目、そして
6期メンバー道重さゆみさんの卒業シングルの紹介です。



* * *


『見返り美人』はリーダー就任後の道重をずっと支えてきた、モーニング娘。9~11期メンバーによる送別曲です。
MVもパフォーマンスは9~11期メンバーのみが行い、道重はイメージシーンのみの参加となっています。


モーニング娘。にはかつて同種の形態で『卒業旅行〜モーニング娘。旅立つ人に贈る唄〜』という楽曲があったのですが、 *1
ストレートな送別ソングは2003年の発表当時に多くの感動を生んだ反面、
「その後の発展が難しい」という難点も持ち合わせていました。
(実際この曲はテーマとなった保田圭の卒業コンサート以降、ほとんど披露されていません)


その流れを見て、この『見返り美人』という作品を鑑賞した時に、
2014年の送別は、「その先」へバトンを渡そうとしている事。


2003年と2014年の決定的な違いはYouTubeがあることで、
今もそしてこれからも、この作品がモーニング娘。の姿として国内、そして国外へとずっと届き続けていくという時に、
「最高級の和服美人」と「豊富なスキルを身に着けた若手メンバー」って最強のパッケージングだと思うんですよ。


先日まさにニューヨークでの単独ライブも成功させてきている彼女たちが *2
卒業・現役という立場を120%活かして生んだ、「世界基準の拡散対応コンテンツ」
”背中”で別れた楽曲でありながら、実は一丸となって未来のモーニング娘。の方を向いている、
そんなグループの姿に、やっぱり私はもらい泣きしてしまうわけです。


ここにあるものは先輩の背中を見送りモーニング娘。になった、
11年前のあの日からの進化の形。



<MUSIC STORE>

 


<関連リンク>
14 道重さゆみ卒業&57thシングルリリース記念特設サイト

<トリプルA面作品>
【レコメンド】『TIKI BUN / モーニング娘。'14』
【レコメンド】『シャバダバ ドゥ~ / 道重さゆみ』

<こちらも推せます>
【レコメンド】『時空を超え 宇宙を超え / モーニング娘。'14』
【レコメンド】『笑顔の君は太陽さ / モーニング娘。'14』
【レコメンド】『愛の軍団 / モーニング娘。』

<これまでのまとめ>
「おすすめアイドル曲のまとめ」

twitter / 自分について
@drifter_2181 / 自分について

*1:2003年のアルバム『No.5』に収録。やはり当時卒業予定だった保田圭以外のメンバーが歌っている。ちなみに楽曲の「卒業旅行」というテーマは当時実際に保田、矢口、石川が温泉旅行に行っていたことがきっかけ。

*2:当日参加したアメリカ在住の「WEEKLY Biz」CEO曰く、「観客のほとんどが、ガチで現地のアメリカ人」