小娘のつれづれ

一人で自分の”好き”を追いかけ続け、執筆業になりました。2017年に初の著書『SMAPと、とあるファンの物語 -あの頃の未来に私たちは立ってはいないけど-』(双葉社)がでました。



2017年9月発売の『SMAPと、とあるファンの物語』(双葉社)については【こちら】

【アイドルレコメンド】『証明ティンエイジャー / 夢みるアドレセンス』

☆2014.9発売
☆2012年結成、夢みるアドレセンスの4thシングル
* * *


前作から引き続き、
今回も夢アドのシングルを単独で取り上げます!



* * *


3rdシングル『マワルセカイ』から方向を変えてきた感のある夢アドですが、
今回もその美しさを存分に生かした、素晴らしい出来!
女性アイドルジャンル全体で見ても、今トップクラスの成長を見せているグループだと思います。


℃-uteや9nineのような「5人組ライン」があったとして、
この2グループが今年あたりでちょうど平均年齢20歳に達してきたのに対し、
夢アドが今16.6歳(執筆現在)。
タイミング的にも次世代のポジションに充分入ってるんですよね。*1


f:id:drifter_2181:20140913150437j:plain:w350

f:id:drifter_2181:20140913151002j:plain:w350

f:id:drifter_2181:20140913145809j:plain:w450


単刀直入に、ここは今後はっきりとハネていくグループ。
ここで女性層を取り込める効果的なネット展開が一発ほしい所。


<MUSIC STORE>


<こちらも推せます>
【レコメンド】『マワルセカイ / 夢みるアドレセンス』

<これまでのまとめ>
「おすすめアイドル曲のまとめ」

twitter / 自分について
@drifter_2181 / 自分について

*1:年代的にはちょうど競合するのがハロプロのJuice=Juiceなんですが、夢アドとJ=Jはちょっと方向性が違うので、その辺はどう結果出るんだろう。ちなみにJ=J・宮本佳林と夢アド・荻野可鈴は、知る人ぞ知る静岡朝日テレビの情報番組「ピンクス」「コピンクス!」の歴代声優つながり。