小娘のつれづれ

ライター / ずっと一人で自分の「好き」を追い続けています。お仕事のご依頼はこちらへ→ drifter_2181@outlook.jp



「2014年の『SMAP×27時間テレビ』が挑戦するもの」

いよいよ放送1日前ということで、これまでに出されたSMAPの色んなコメントの中から、
27時間テレビに関するものを厳選してまとめてみました。

中居正広


『僕のほうが経験あるからとかは関係ない』(週刊ザテレビジョン 2014 No.27)
『メンバーには楽しく、素直に感情を出してもらって。それがSMAPの一番いい形だと思うので』(Bananavi! 2014 vol.001)


木村拓哉


『非常に実験に近い』(月刊TVガイド 2014.8月号)
『「当たって砕けろ」精神。CM中に砕けた自分を拾い集めます』(月刊TVnavi 2014.8月号)


稲垣吾郎


『2日目の午後あたりの自分が全く想像できなくて不安』(月刊TVnavi 2014.8月号)
『結成27年目でもこういうイレギュラーな状況に置かれると未だに新しい関係性を発見する』(月刊TVnavi 2014.8月号)


草なぎ剛


『僕は集中力が本当に2時間くらいしか持たなくて』(月刊TVnavi 2014.8月号)
『ただ、追い込まれれば追い込まれるほど、SMAPはすごい魅力が出てくる』(月刊TVnavi 2014.8月号)


香取慎吾


『カメラに収録中の赤いランプがついていれば、疲れた顔をすることはない』(月刊TVガイド 2014.8月号)
『同時代を生きてきた、同世代のスタッフたちと一緒に番組を作ることができるのも、すごくうれしい』(月刊TVガイド 2014.8月号)


* * *

f:id:drifter_2181:20140725014518j:plain


『武器はテレビ』というテーマを掲げたSMAP×FNS27時間テレビ。
テレビを取り巻く環境が今も変化し続けている中で、2014年のSMAPが選んだのは、『限界への挑戦』でした。



『一回限界に挑戦してみようという事でこの27時間テレビを引き受けたと思う』(中居正広 / Some girl' SMAP)


偉大な先人たちからバトンを受け取った”テレビが産んだ国民的スター”
2014年のSMAPが限界の先に映すのは、一体どんな未来か?


SMAP×FNS27時間テレビは2014年7月26日(土)、まもなくスタートです。


* * * * * *


おまけ


『僕は予定調和が崩れて残骸が散らばった時に、また違うものになるのかどうかを目撃したいし、それが面白いんです。
 怖さ半分興味半分ですけど、結局は今そこで起こることが一番面白いわけですから』


(タモリ / Switch 2009年7月号)*1



関連記事
「27時間テレビを通して見える『SMAPとテレビ』」
「笑っていいともの終了発表に、中居正広がいた意味」
「テレビを背負うSMAPの覚悟」


☆男性アイドルの記事一覧
男性アイドルの話 カテゴリーの記事一覧 - 小娘のつれづれ

その他人気記事
「人気記事のまとめ」

twitter / 自分について
@drifter_2181 / 自分について

*1:「タモリ学 タモリにとって「タモリ」とは何か?」参照