小娘のつれづれ

ライター / ずっと一人で自分の「好き」を追い続けています。お仕事のご依頼はこちらへ→ drifter_2181@outlook.jp



「つんくのコメントで振り返る道重さゆみの11年 その3(9期加入~リーダー就任まで)」

プロデューサー・つんくによって公式HPやブログで毎回更新されている「楽曲コメント」
また定期的に製作されているメンバー紹介ソング「女子かしまし物語シリーズ」の中から
道重さゆみに言及している部分を、その時々の出来事を補足しつつ
時系列に沿ってまとめています。


関連リンク
「つんくのコメントで振り返る道重さゆみの11年 その1(加入~吉澤ひとみ卒業まで)」
「つんくのコメントで振り返る道重さゆみの11年 その2(プラチナ期)」


* * *


「つんくのコメントで振り返る道重さゆみの11年 その3(9期加入~リーダー就任まで)」



☆2011.1 4年ぶりの新メンバーオーディションで、譜久村聖・生田衣梨奈・鞘師里保・鈴木香音が9期メンバーとして加入
     時を同じくして、5期メンバーの高橋愛が、秋にグループを卒業する事を発表


まじですかスカ!(2011/4)




道重、テレビ出演の結果も含めて自信が声に出て来ましたね。



☆2011.5 9期メンバーに引き続き、第10期の新メンバーオーディション開催が決定


Only you(2011/6)




ミュージックビデオの道重の表情を見てください。いままでと打って変わって大人です。



この地球の平和を本気で願ってるんだよ! / 彼と一緒にお店がしたい!(2011/9)




後半部分の「彼と一緒にお店がしたい!」の方は道重がセンターを取っています。
いいですよね。雰囲気たっぷりで。



☆2011.9 飯窪春菜・石田亜佑美・佐藤優樹・工藤遥が10期メンバーとして加入
     翌日、10年間グループを支え続けた5期メンバーの高橋愛が卒業
☆2011.10 長年サブリーダーを務めた、5期メンバーの新垣里沙が7代目リーダーに就任
     道重はグループで2番目の年長者になる


好きだな君が(2011/10)
(アルバム「12,スマート」収録)




最初からテクノディスコを狙ったのは言うまでもないのですが、
道重と譜久村を上手に生かす為ステージでのフリや衣装等も
イメージして仕上げて行きました。
Bメロの「眠いけれど」から3行間は歌の長さを編集で切って
リズムをつんのめらせて逆にリズム感を作りました。
ライブの後に本人にも伝えましたが道重のリズムは信頼出来るんです。
きっとあの子は凄く仮歌の入ったデモテープを聞きこんでくるからというのもあると思います。
この曲の音符の長さはどこまでというのを完璧にしてRECに臨みます。
プロです。



☆2012.1 5期メンバーの新垣里沙が春にグループを卒業する事を発表


ピョコピョコ ウルトラ(2012/1)




道重、度胸もついて立派になりました。ダンスも歌のリズム感も安定しています。
なにより道重はレコーディングの時にちゃんと曲を聴いて覚えてきてて、
本当に関心します。あの子の努力が実ってきています。



『女子かしまし物語 2012春ver』(2012/2~5)
(モーニング娘。コンサートツアー「2012春 〜ウルトラスマート〜」)




<道重パート>


私とキャラかぶらせないでね
髪色リボンに美人キャラ
山口県産オーガニック
黒髪少女はいかが
(ただの毒舌でしょ?)



恋愛ハンター(2012/4)




道重、田中は次を担っていくわけですが、
そんなこともあってか後輩の面倒も良くみています。
道重も田中も今までは「ダンスはそんなに得意じゃない」って
言ってたけど、いろんな刺激もあってここの所伸びてます。



☆2012.5 10年8か月グループに在籍した5期の新垣里沙、そして足の怪我により8期の光井愛佳がグループを卒業
     2人の卒業公演で道重さゆみは8代目リーダーに任命される


私の時代!(2012/7)
(シングル『One・Two・Three』のカップリング / モーニング娘。ロッキーズ名義)




6期である道重さゆみ・田中れいなでの歌唱。
先輩達が卒業して「遂に来た!私の時代!」って意味もありますが、
モーニング娘。としても「私らの時代キターーーー!」となるようなイメージで、
現在1番の先輩である彼女たちに歌ってもらいました。
2人の曲だけど、次の正月のハロー!プロジェクトライブでは大人数で歌ってほしいなぁって思ってたりします。


リーダーとなった道重も急にしっかりしてきたし、歌も急に良くなってきた。



☆2012.7 シングル『One・Two・Three』で、グループがオリコン史上初の「50作品オリコンシングルトップ10」を達成
     また同シングルで初動売上が約10年ぶりに10万枚を突破する


ラララのピピピ(2012/9)
(アルバム『⑬カラフルキャラクター』収録)




道重ソロナンバー。
僕の本「ポジティブ本-プチ成功への近道-」の対談の中で当時道重が15歳くらいだったと思うけど、
彼女と会話した際に、絶対白馬に乗った王子様が家の前に迎えに来てくれると
信じている!って言ってたのを思い出した。


実際、白馬に乗って、白いタイツを履いたおっさんが家の前に来たら、
さすがの道重も警察に「変な人がいます」って通報するとは思いますが、
ま、少女時代のあの子の夢、すごく印象的でした。


前回は譜久村とのデュオでしたが、今回はソロ。
テクノPOPシリーズとして、すごくはまった曲となりました。
この曲は曲から先に出来たわけですが、その時の仮タイトルが「ラララのピピピ」でした。


で、道重がソロで歌う事となり「歌詞なぁ」って思ってたんですが、
この仮タイトルのパワーに打ち負けて、そのまま「ラララのピピピ」とし、
歌詞の内容も現実の道重の問題点かなぁ?って思わせるような
そんなお話にしました。
ただ、寝続けたかったり、白馬の王子さんに来てほしかったりね。



信念だけは貫き通せ!(2012/10)
(シングル『ワクテカ Take a chance』のカップリング)




歌ったのは、道重、生田、鞘師、鈴木、飯窪。
パワー系のロックナンバーですが、メッセージソングです。
色々迷う事もあるだろう。思い通りに行かない事もあるだろう。
それでも信念だけは貫けと。
元気よく5人で歌ってもらいました。
道重はリズムも良く、声も良く通るので、こういうロックは本当に上手です。
呼吸や間の部分もすごく良くわかってて、良い所にはめてきますね。



☆2012.11 6期メンバー田中れいなが、翌年春でのグループ卒業を発表
☆2013.1 2012年に開催された新メンバーオーディションの合格者・小田さくらが
     11期メンバーとして正式にグループへ合流し、新体制で最初のシングル『Help me!!』を発売


哀愁ロマンティック(2013/1)
(シングル『Help me!!』のカップリング)





道重さゆみ・譜久村聖の歌唱。
「好きだな君が」に続く第2弾というべきか。
今回はさらにグレードアップで歌唱力もリズムも必要なメロです。
ただ、そんな中にも哀愁があり、少々の寂しさと意味不明感が
あの2人のいい感じ力を育ててくれました!
最近の道重の安定感が怖いです。歌もダンスもトークもすべて安定してる。(笑)



☆2013.1 シングル『Help me!!』で3年8か月ぶりのオリコン1位を獲得


トキメクトキメケ(2013/4)
(シングル『ブレインストーミング / 君さえ居れば何も要らない』のカップリング)





道重はこのところ、ソロナンバーや2人で歌う曲も増えて来たので、
自信が増したのか、なかなか良い歌を歌います。
そして、彼女の唄はリズムが良い、歯切れもすごく良いので、
歌声をエディットする時もすごく波形が見えやすいんです。
これって声の立ち上がりの悪い子ではなかなか出来ない事なので、
そもそも持ってるリズム感と、この所の経験値で、上達してええ感じに成長してると思います。



☆2013.1 シングル『ブレインストーミング / 君さえ居れば何も要らない』で
     グループが11年2か月ぶりに2作連続のオリコン1位を獲得

☆2013.5 最後の同期メンバーだった田中れいながグループを卒業


 →「つんくのコメントで振り返る道重さゆみの11年 その4(再ブレイク~ラストシングルまで)」につづく



関連リンク(楽曲コメント引用元)
つんくオフィシャルウェブサイト
つんくオフィシャルブログ 「つんブロ芸能コース」

関連記事
「テレ東音楽祭の9分でわかるモーニング娘。の進化」
「ブレスト / 君さえのオリコン1位と古参ヲタ」
「田中れいなと”カラフルキャラクター”」

その他人気記事
「人気記事のまとめ」

twitter / 自分について
@drifter_2181 / 自分について