小娘のつれづれ

一人で自分の”好き”を追いかけ続け、執筆業になりました。2017年に初の著書『SMAPと、とあるファンの物語 -あの頃の未来に私たちは立ってはいないけど-』(双葉社)がでました。



2017年9月発売の『SMAPと、とあるファンの物語』(双葉社)については【こちら】

【アイドルレコメンド】『トリプル!WONDERLAND / Negicco』

☆2014.4発売
☆新潟発「Negicco」の15thシングル
* * *


2013年はデビュー10周年の記念イヤーでもあり、大変充実していたNegiccoでしたが
2014年も、のっけから攻めます。


なんちゅうシングルだ!!!



* * *


タイトル曲の『トリプル!WONDERLAND』は元Cymbalsの矢野博康がプロデュース。
矢野さんは過去にアイドル系では安倍なつみ*1 やメロン記念日 *2の楽曲を手掛け、
近年は南波志帆の楽曲にも多く参加している方で、
今作も、Negiccoというグループの個性をしっかり生かした楽曲に仕上がっています。


…そんでもってこのシングル、カップリングの『ライフ・イズ・キャンディ・トラベル』もかなり素敵!!
作詞作曲はNegiccoではおなじみconnieさん、
そして編曲と演奏が、なんと奇妙礼太郎トラベルスイング楽団
関西を中心に活動するビッグバンドで、ボーカルの奇妙礼太郎さんは近年CMソングでも有名になりつつあるのですが
(スズキ・ラパンの『オー・シャンゼリゼ』やカゴメ野菜生活『ラジオ体操の歌』など)
その奇妙礼太郎トラベルスイング楽団と、Negiccoがまさかのコラボレーション!



* * *


最近のNegiccoは色んな人が楽曲を手掛けてますけど、
いいなと思うのは、このグループ、誰がやってもちゃんと「Negiccoの曲だ」ってわかるんですね。


有名どころのアイドル楽曲プロデュースは形にしていく際、
アイドルのクセや歌い方に製作者の顔がなんとなく浮かぶケースが多いのですが、
Negiccoはどれを歌っても、ちゃんとNegicco。


それはNegicco自身の魅力でもあるし、きっとスタッフ陣の愛と尽力でもある。
Negiccoを見てるとほんのり幸せな気持ちになるのは、多分そういう心地よい温度からなんだろうな。




ピーチもマロンも3年
ネギは進むぜ!次のディケイド
みんなが恋しちゃうみたいな
魔法かけてもいいですか?(いいですか?)




<MUSIC STORE>


<関連記事>
「アイドル楽曲大賞2013のまとめ(メジャーアイドル部門 )」

<こちらも推せます>
【レコメンド】『ときめきのヘッドライナー / Negicco』
【レコメンド】『アイドルばかり聴かないで / Negicco』
【レコメンド】『愛のタワー・オブ・ラヴ / Negicco』

<これまでのまとめ>
「おすすめアイドル曲のまとめ」

twitter / 自分について
@drifter_2181 / 自分について

*1:『甘すぎた果実』

*2:『キライ,スキスキスキ ホント,ウソウソウソ』『努力・系・美人』