小娘のつれづれ

一人で自分の”好き”を追いかけ続け、執筆業になりました。2017年に初の単著がでました(乗田綾子名義)。



2017年9月発売の『SMAPと、とあるファンの物語』(双葉社)については【こちら】

「笑っていいとも最終回・SMAP中居正広のスピーチ(書き起こし)」

f:id:drifter_2181:20140401004330j:plain:w300

タモリさん。32年間お疲れ様でした。
僕がいいともに携わるのはちょうどこの2014年の4月ぴったりで、
ぴったり20年になりました。
振り返ってみますと、94年の4月…


…まだ有名でもないですし、ジャニーズのアイドルとして人気もあるわけでもなかったですし、
知名度もなく、ましてやマネージャーさんとかもいない、
僕らをレギュラーとして迎え入れてくれて、まず、深く感謝を申し上げたいと思います。
ありがとうございました。


やっぱり、バラエティって非常に残酷なものだなとも思います。
おかげさまで歌もやらさせてもらって、お芝居もやらさせてもらって、バラエティもやらさせてもらって、
歌の世界っていうのは、いずれライブとかやれば最終日があって、
ドラマもクランクアップがあって、映画もオールアップがあって、
始める時に、そこのゴールに向かって、それを糧にして進んでるんじゃないかなって思います。
でもバラエティは、終わらない事を目指して、進むジャンルなんじゃないかなと。
覚悟を持たないと、いけないジャンルなんじゃないかなと思いながら、
いいともに出させてもらったのをきっかけに、僕は、
バラエティを中心に、SMAPとして、やらさせてもらおうかなと。


非常にやっぱり、バラエティの終わりは…寂しいですね。


他のジャンルは評判がよかろうが、悪かろうが、終わりがあるんですけど、
バラエティって…ゴールないところで、終わらなければならないので、
こんなに…残酷なことがあるのかなと、思います。


当時、俺と香取で、ほんと何も出来なかったんですね。
「今日はこれやろう」「今日はこの話やろう」って言って何も出来なかったんですけど、
でも、番組を、タモさんをアシストする事が、
楽しい番組を、娯楽を提供する手段の一つでもあるという事を僕は学びました。


残念ですね…
こんなに残念なことはないと思います。


さっきも話してましたが、タモさんは怒りもしないですし、
褒めもしてくれない方でしたけど、
ここ…ようやく2年、3年、4年前くらいから、
ご飯を食べれるように、タモさんとなり、
ある時お酒を飲んだ時、タモさんが、
酔っぱらってたという事もあったんですけど、
僕の事優しく抱きしめて、優しく頭を撫でて、
「中居、俺お前に感謝してるからな」「本気でお前の事感謝してるからな」って言ってくれたのがすっごく…
すっごく嬉しかったです。


今こんな形でジャニーズが、バラエティとか普通にやってますけど、
ほんとに、俺と香取がいいともに出させてもらって、
ジャニーズも全然、バラエティとか育て方とか知らない中、
チャンスを与えてくれてありがとうございました。




…20年間、ケガしたり病気した事で休んだ事ありました。
でもどんな事あっても僕は20年間、アルタに通い続けました。


…ある人は、お正月になったら1年に1回休んでる人がいて、
なんでこの人1年に1回…ハワイにいくために…(鶴瓶アップで抜かれる)


毎年毎年休みやがって、
特大号のものまねで自分がウケなかったからって、不参加になって…(鶴瓶アップで抜かれる)


…誰かと比較するのは好きじゃありませんが(鶴瓶アップで抜かれる)




僕は20年間、ほんとに休むことなく、サボることなく、
私的な事を除いて、しっかりと全うできたと、
20年間で、タモさんが「もう成人だから卒業していいんだよ」と、
おっしゃってくれてるんじゃないかなと、勝手に解釈をして、
今後もいいとものレギュラーとして、
胸を張って”いいともをずっとやってたんだよ”と胸を張って恥じないように、
今後もバラエティ、他のジャンル含めて頑張っていきたいと思います。
タモリさんありがとうございました。


関連記事
「もう1つの20年 ~笑っていいともとSMAP香取慎吾~」
「笑っていいともの終了発表に、中居正広がいた意味」


☆男性アイドルの記事一覧
男性アイドルの話 カテゴリーの記事一覧 - 小娘のつれづれ

twitter / 自分について
@drifter_2181 / 自分について