読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小娘のつれづれ

ライター / ずっと一人で自分の「好き」を追い続けています。お仕事のご依頼はこちらへ→ drifter_2181@outlook.jp



「ヲタ趣味がこの先生きのこるには」

ここ数日自分の信条的な部分を書いていて、
ちょうどシメに触れとこうかなぁと思ってたのが、「旦那」のことでした。


結論から言うと、もし旦那に「アイドルファンやめり!」って言われたら、きっぱり辞めます。


私にとってアイドルは、もうほぼ人生です。
どんな存在かって、言葉じゃうまく表現できないほどに大切で、尊いレベルに達しています。


でも、私の一番近くで、共に生きている人は旦那です。
そして旦那自身は、アイドルに興味がありません。


家族を足蹴にする、幸せにできないのが「アイドル」という趣味だったならば、
その時はすっぱり辞めようと思ってます。


* * *


これはアイドルに限らず、割とヲタク趣味全般に言える話だとも思うんですが
ヲタ趣味に私たちが抱く熱意って、ほとんど形があってないようなもんだよねぇ。
それをましてや興味のない人に、理解を押し付けるようなことは受け入れられるわけがないし
自由は尊重されてしかるべき、っていう主張も勝手な思いあがりでしかない。


そしてそこに最大の配慮をおくことが、ヲタ趣味における本当の意味での”熱意”だよね。
そこが行き着く先にあるのは、「文化の保護」だから。


当たり前だけど、周囲の人を大事にするって事は、
自分の好きなことを理解してもらうって事でもあるからね。


そういう信頼の構築を7年くらいかけてやってると、
新婚2週間で「推しが卒業するから」というわけのわからない遠征に
快く送り出してもらえる一人ヲタが出来上がります。
こうなるともう旦那とアイドルとは死ぬまで添い遂げるしかねーわ。


※一応非ハロヲタ向けに序盤の元ネタ→「田中れいなの『やめり事件』とはなんですか?」



関連記事
「推し変のない人生」
「実録!結婚式でハロプロを流してみた」
「アイドルになりたかった女の子」