読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小娘のつれづれ

ライター / ずっと一人で自分の「好き」を追い続けています。お仕事のご依頼はこちらへ→ drifter_2181@outlook.jp



「ブログデザインは手帳選びと同じ」

日常の話

最近実は、なんか筆が進まないなぁと思っていたんですよね。
まったく同じスタイルで文章ひねってるのに、
どうも気分が乗らない。


最初は風邪だからかなぁとか、雪が降ったから、
はたまたこないだちょっと気合い入れすぎちゃったのかなぁとか
色々考えてたんですけど、
試しにふと、変えていたブログデザインを戻してみたら
ビックリするぐらい感覚が元に戻った。
めちゃくちゃしっくり来たんです。
「これ!これだよ!!」みたいな。


* * *


今思うにそれは、デザインを変えた事で
自分の文とブログがしっくりなじまなくなっていたんですよね。
まるで合わない手帳に文字を書き込んでいる時のような、
同じことが、ブログで起こった。


盲点でした。
ブログも自分の文章を書き込むという点で、
意味を左右するのはものすごくアナログな体感にあったんだと。


「自分の手になじむかどうか」


* * *


しかしそれで全てが終わらないのは、やはりデジタルコンテンツという所で
もしさらにその先、自分の書いたものを人に読んでもらおうとするなら
「他人と文字のなじみ方」も想像しなくてはいけない。


時に文章は、自分の持っているイメージと人になじみやすい伝え方が、
全く違っている事があります。


全てがまったく一致する事はないにしても、
やはりある程度文章を書き続けていると、
自分の得意なもの、反応が多い内容というのはなんとなく浮かび上がってくるわけで


その双方のイメージをたぐりよせる糸、それも
ブログにおけるデザインの部分なのかなぁ、と思ったりしたわけです。



http://www.flickr.com/photos/7520813@N08/4788564361
photo by diversita


ブログも手帳も、続かないと結局意味がない。



関連記事
日常の話 カテゴリーの記事一覧 - 小娘のつれづれ

twitter / 自分について
@drifter_2181 / 自分について