小娘のつれづれ

一人で自分の”好き”を追いかけ続け、執筆業になりました。2017年に初の単著がでました(乗田綾子名義)。



2017年9月発売の『SMAPと、とあるファンの物語』(双葉社)については【こちら】

「一人で行ったナルチカ2013秋 Berryz工房×Juice=Juice @小樽」

2013年から始まったハロプロの新企画ライブ、『ナルチカ』に行ってきましたー!

この秋からスタートする新企画!
「なるだけ近くでHello! Projectのライブを体験してもらおう!」をコンセプトに
全国のライブハウスを中心とした会場でHello! Projectの面々が行う【ナルチカライブショー】。
                                 (公式HPより)


今回Berryz工房×Juice=Juiceの北海道公演があったのは、小樽GOLD STONE!
小樽運河を象徴する倉庫群の1つ、旧渋澤倉庫(明治28年建築)を利用したライブハウスです。


f:id:drifter_2181:20131117152853j:plain:w300


この公演でベリ×JJのナルチカライブが千秋楽という事もあり、チケットはSOLD OUT。
オールスタンディングで、キャパ450の会場がみっしり埋まっていました。


最近はもう、整理番号×スタンディング形式だと特に、自分の場所は重視してないので
(遠征とか行けない人に良位置で見てもらいたい)
今回に関しては、完全に埋もれてしまっていて細かくレポできるほどステージ見えてないですw
なので本当に今回はざっくりですが、感じたことなどを。


* * *


<Juice=Juiceは良曲揃い>


Juice=Juiceはまだ結成1年目という事で、本来なら10年選手のBerryz工房に対抗できるはずがないんですが
これがまた、ライブ形式で聴くJJ曲ってかっこよすぎてたまんないんですよ!
持ち曲的に今は全シングルをぶっこむ形になってるんですけど、どれも外れなし。
しかもJuice=Juiceはハロヲタの鉄板『天まで登れ!』もやれるのでばっちゃんにはたまんない!
(今年3回目の肩組みヲタ遭遇)


ちなみに今回途中で、聴いた事ないやつが1曲だけあったので
何のやつだろ?と思ってたら美勇伝でした。→LET'S LIVE!(恋するエンジェルハート C/W)
そうだデビューまもないグループだとこういう過去曲の掘り返しあるんだよな、
次の研修生ユニットにも備えてハロプロSINGLEBOOKで思い出さねば(宣伝)



<Berryz工房の多幸感はやばい>


地味に、ベリの単独(に近い)ライブを見れたのは、今日が初めてで。 *1


…何あの幸福感!!!!!
ベリ7人がステージに揃うと、なんだかすごく気持ちが暖かくなって涙腺にくる。
身長も個性もほんとバラバラで、歌やダンスも決して綺麗に揃ってる子たちではないんだけど、
7人揃うとなんかものすごくオーラを背負っている。そして一緒に楽しんでしまう。
もう全般『そこにいてくれてありがとう!!』の襲来。


あれはメンバー7人の人柄魅力時間全てが、そういうステージを無意識に築き上げているんだろうというのと、
同時に今回すごいいいなと思ったのが、それを支えるベリヲタのホーム感がこれまた暖かい。
あんなに力強い声援、あとあそこまで楽しそうなヲタ空間って初めて見たw
そりゃ「ベリヲタでよかった」の境地に至るわ、と思った1日でした。


<ナルチカは良い試みだと思う>


こないだ事務所の中の人から「(ナルチカは)プロモーション的な要素が強い」というコメントもあったのですが、
地方民的には、実際参加してみて、この企画すごい面白かったです。
ライブハウスってそれこそホールと違ってそれぞれの地元色も結構入ってたりするので、
そういう部分も含めての「私たちの街への近さ」。


ここ1年でCD即売イベが全国規模になってきて、
多分若い新規ファンは、そろそろショッピングセンターで見るハロメンの光景には慣れてきてると思うんです。
問題はいよいよ次に移行してきてて、いかにその子たちをハローの本丸である「ライブ」まで繋げていくか。
それを考えた時、比較的気楽に検討しやすいライブハウスという箱は、確かに一つの選択肢なんだと思います。


視界の問題は確かにあるので、それはどう処理するか。
(実際後方だと男性でも見づらい見づらい言ってた)


私が今回気にならなかったのは、元から見えなくてもいいやと思っていたのもあるんですけど、
あとは前日にイベがあって、そこでゆっくりグループを見れて満足できていたからかも。
今回は特に、即売イベの方は泊まりでゆっくり滞在してくれてたのが大きくて、*2
もし視界対応が物理的に無理だった場合、
そういうスケジュール調整で心象をカバーするっていう方法は1つアリだと思います。
(正直私らはメンバーのブログに「これなかった人もありがとう」と書かれるだけで結構嬉しい)


あと、これは今日の箱の話になるけど
女性専用エリアは入出口に近い方がいいのかなぁと思った。
多分女子中高生だとライブハウスの密集空間に行き慣れてない子の方が多いので、
万が一具合悪くなった時に、入出口と逆だと逃げ場なさそうに感じました。
気になる所があるとしたらそれくらいかなー。


* * *


いやーこの土日は、なんか今年トップクラスに楽しかった!
まさか北海道ではしごできるほどのイベントが開催され、
メンバーに「昨日ぶり!」なんて声かけられる日がやってこようとは
(ちなみにJuice=Juiceの金澤朋子さんです。29歳にして壮大に転がされた!)


しかも嬉しいのは、北海道ではこれからも現場の予定があって、
12月には田中れいな率いるLoVendoЯのツアーが(KRAPS HALL)、
1月には初の冬ハローが!(ニトリ文化ホール
さらに2月にも、LoVendoЯや高橋愛ちゃんが来るミュージックフェスタがすでに決定済。(ZEPP Sapporo


ハロメンに会えると、やっぱり毎日がもう少し楽しくなる!


f:id:drifter_2181:20131118020901j:plain:w350


ナルチカは来年もやるとの事なので、特に地方住まいの方は、要チェックです。




関連記事
「一人で行ったHello! Project 2014 WINTER ~GOiSU MODE~@札幌」
「一人で行ったHello! Project 2013 SUMMER COOL HELLO!ソレゾーレ!最終回SP@札幌」
「一人で行ったモーニング娘。コンサートツアー2013秋 ~ CHANCE!~ @札幌」
「一人で行った℃-uteコンサートツアー2013秋『Queen of J-POP~たどり着いた女戦士~』@札幌」

その他人気記事
「人気記事のまとめ」

twitter / 自分について
@drifter_2181 / 自分について

*1:今までずーっとハロコン

*2:いつも北海道は平日イベで、帰りの飛行機の関係があるので必ず最後せかされる形で解散になる