小娘のつれづれ

一人で自分の”好き”を追いかけ続け、執筆業になりました。2017年に初の単著がでました(乗田綾子名義)。



2017年9月発売の『SMAPと、とあるファンの物語』(双葉社)については【こちら】

「鈴木愛理のバス騒動と、℃-uteの今」

今回の件、最初はブログに残すのやめようと思ってたんですけど
一晩経って、やっぱ書いてみる事にした。

* * *

愛理の件。
まず個人的な、あの写真への感想は



で終わり。
中学生の相合傘とか映画館デートとかなら、騒がれるのも仕方ない所あるけど
19歳の女子大生が男と一緒にバス乗ってるのって、正直普通じゃね?


しかも今回って、はっきりした物が↑の写真1~2枚しかない。
後の私信だなんだはほぼ妄想の範囲でしかなく、
正直今までだったら、そこまで伸びるネタじゃなかったと思う。



でも問題は、『なぜかすげー伸びた』。
そしてしまいには本人がブログでコメントを出すハメになった。


* * *


理由を色々考える。
多分大体最初に思いつくのは
「ここ最近℃に食いついた新参のピンチケが大騒ぎした」パターン。
ここ1~2年で新規ファンが相当増えて、しかも個別握手などピンチケが勘違いしやすい状況、
その中で今回写っていたのがエースの鈴木愛理だったから、なおさら騒ぎやすかったと。
まぁこれが一番真っ当ではある。


…しかしじゃああのスレの伸び全てが、バカなピンチケによるものだったのか?

って聞かれると、正直「違う」感じがする。


っていうのは、私狼は2000年から見ていて(恥です)
各種炎上スレもそれこそ全部見てますが、
今回愛理がコメント出すまでのあのスレの書き込みって
今までの炎上スレの中でも、かなり異様だったと思う。


どの辺が異様だったかというと、証拠が弱すぎて、
いつもならどんどん燃やしてくれる狼の愉快アンチ勢が、それほど寄りついてなかった。
なのにいつもなら割合少なめの、マジアンチとマジヲタが今回はかなり固執していて、
この「ガチ勢」が妄想をどんどん増幅させ、スレを伸ばしていった印象。*1


…各年代、各グループの過去の炎上例を振り返っても、しかもこの証拠の弱さで
ここまで「ガチ勢」だけで大騒ぎして本人にまではっきり影響がいった例は
かなり珍しいんですよ。ていうかほぼ前例ないと思う。


なんか今回写真より、こっちの方がすげー気になったんですよね。
『なんであんなくだらねー写真1つがここまで話をこじらせる熱源になったのか』


* * *


ぼんやり考えてるのが2つあって、
1つはまず、愛理本人の印象。

過去に星の話もあったのと、これ昔から見てる人ならわかると思うんですけど
彼女って気が緩むと本来隠してるプライドが、ちょっと顔を出しちゃう感じがあるじゃないですか。

エースで完璧アイドルの彼女が持ってるそういう所が、
今年の大学進学関連で、人によってはかなりの刺激を促し
→大学絡みのくだらねー写真1つで爆発しちゃったパターン、これ1つ。


* * *


あともう1つは、今のグループ全体についての印象。

2011年くらいからネット発信で追い風が吹き、どんどん新しくて若いファンが入った。
んで果てには全てをひっくるめて『チーム℃-ute』という括りが誕生し、
メンバーが率先してあのワードを公式採用、愛用している。


…なんですけど、近年のあの急激な『チーム℃-ute感』の高揚、
そして何よりメンバー自身がそれを率先して愛用してる感じ

…あれが、もしかしたら各人の想定以上に
ファンの心の中で反発や違和感も発芽させてて
→そこにエースの大学絡みのくだらねー盗撮写真がきて誘爆されちゃったパターン。


* * *


チーム℃-uteへの隠れた反発、違和感に関しては
以前からちょいちょい考える事もあって。


ちょっと話それるけど、SMAPの中居くんが、最近インタビューでこんな話をしてたんですよね。


「(やっていて)楽しい番組っていうのは、意識しないようにしている。
楽しい番組ができると必然的に楽しくない番組ができるから」


℃-uteがどんな思いであの呼び名を使い始めたのかは長年ヲタだからこそよくわかってる、と前置きした上で


”ファン”ではなく”チーム”って括りを使用する事は、
やっぱりどこかで「チーム℃-uteの人」「チーム℃-uteじゃない人」っていう線引きも生んでしまうんですよね。
結束は固くなるけど、一方でファンの呼称に漂うあいまいさも、許さない。


…そういう”チーム”呼びを使いたがるのが、ちょうど今の℃-uteメンの年齢=若さであり、
一定の年齢までくると、ああいう時期もあるよなぁって微笑ましく見守る環境ができてくるんだけど
まだまだ血気盛んな年齢の若手ファン、そしてそれを率先して使う当の若いメンバーたちが、
そこまで考えて取っ組み合えてるのかというとね。



…ちょっと長くなりましたけど、色々まとめると
愛理のバス騒動は、相手が何人だとかこれが矢口騒動の直後だとか
各種ネットニュースサイト狼ソースで騒ぎ立ててうるさいだとかより前に


そもそも℃-uteを取り巻く環境が、『キテる』旋風と共にどんどん異例なものにもなってきていること。
そして0から一生懸命走ってきたという自負を持つグループとファンとの間で
勢いがついたからこそ、感じても表に出せず溜まっていった暗いものも少なからずあったんじゃないか、
それが具現化されてしまったのが、このタイミングでの糞写真1枚に関する大騒動だったんではないか


っていう感じの事を今回思いました。はい。


* * *


まぁ最後にいつもたどり着くのは、結局
「こういう時、私は何ができるんだろう」って事なんですけど


この話に関しては私が地方だから、在宅だからしてあげられる範囲がうんぬん…というより


もしかしたらグループ自身が5人だけで越えなければならない、
ブレイクを掴む最後のハードルなのかもしれないなー、
とちょっと思ってます。


だから結局、できる事ったらいつも通り応援する事しかないんだよね。


私は変わらず、℃-uteが好きです。


追記
別口の見方でもあるのと、単純に面白かったやつ(コメントありがとうございました)
究極のアイドル vs 至高のアイドル(えだはさん)




関連記事
「地方から見た℃-uteと日本武道館」
「10th Anniversary」
「私達が抜いてしまった鈴木愛理の牙」

*1:なおコメント出した以降(現在)は、愉快アンチの人もやっと集まってこれて、やっと狼炎上スレの通常の雰囲気。