小娘のつれづれ

一人で自分の”好き”を追いかけ続け、執筆業になりました。2017年に初の単著がでました(乗田綾子名義)。



2017年9月発売の『SMAPと、とあるファンの物語』(双葉社)については【こちら】

「アイドルがまじでクールジャパンとか言われる方法を考える」

ここ2日ぐらい硬い話題が続いたので、今日はまったく違う話。



なんか昨日やたら、「クールジャパン」的な話題を目にしたんです。


「クール・ジャパン基金、「目利き役」が事業判断」(YOMIURI ONLINE)
「収益性の高まるSNSアプリ、その中でも日本は独自の道を進んでいるという話」(yahooニュース)
「カワイイで世界つながれ 札幌市大生「国リボン」制作」(朝日新聞)



今や国民的対外産業として盛り立てられつつある日本のポップカルチャー。
その中にはもちろんアイドルも入っているわけですが
実際のクールジャパン戦略は、あまりいい評判を聞きません。
推進会議には我らが「AKB48」のプロデューサー、秋元康氏も入ってるんですけども


そこでふと、「アイドルでまじにクールジャパン」を展開していくとしたら
どこが向いてんのかなぁと思いました。


正直今日は独り言風味でかい。


* * *


【AKB48】


本題に入る前に、日本のアイドルに求められてる要素って
やっぱ「”カワイイ”を記号的に発信してる感じ」なのかなと思うんですよ。

んでAKBで記号ったら、やっぱ「制服」じゃないですか。




確かにAKB48は今絶大な支持を集めているんだけど、
私たちが制服をアイコンとする女の子にかわいさを覚えるのって
ぶっちゃけ「制服の奥に潜む背徳感」込みですよね。


その愛玩は日本人独特のものであり、
それを具現化するとストレートに制服が邪魔をするやスカートひらりになるんだけど
それは一歩国外に出ると、すっぱり「性的搾取」と言われてしまう。
 →「AKB48と「かわいい」と児童ポルノ」(togetter)


だから安易にこういうビジュアルで、
日本じゃ今AKBが人気だから…とバスを走らすのはまったく得策じゃない気がします。

f:id:drifter_2181:20130314211812j:plain:w400



じゃあAKBがどういう系統で売り出せばクールジャパンに近いのか、
ってシングル一覧眺めてみたんですけど…
シングルは制服と水着と桜ばっかりなんだよな。(そしてそこから離れられない)


あ、全然関係ないような切り口だけど、フライングゲットでキンタローがブレイクしたじゃないですか。

f:id:drifter_2181:20130314212154j:plain:w250


あの着眼点すげぇなぁってずっと思ってて、
それは大エース・前田敦子に誰もがなんとなく感じていた「少年漫画的コミカルさ」を
すがすがしいくらいのキャラナイズで具現化した、ってとこなんです。


思い返せばAKB48全体が割と「少年漫画的アイドル」って要素を持ち合わせるグループで、
対外的にわかりやすく、なおかつAKBの持ち味って本当はその辺だったような気がする。


というのをひっくるめると、どうしても制服という記号で勝負するなら
AKBはマジスカ学園的なアプローチしてった方がまだ受けるんでないだろうか。


f:id:drifter_2181:20130314222148j:plain:w500 



多分国外でも1が1番受けると思います。


* * *


【ももいろクローバーZ】


現在人気のあるアイドルグループだと、正直ももクロの方が圧倒的に向いてるとは思うよね。
2012年にはフランスのJapanExpoにも出演している。


ここはもう現状何も言うことがなくて、
詳しい人入れて真剣に取り組んだら、海外向けカルチャー発信の波も引っ張れるんじゃないでしょうか。


ももクロ「セーラームーン」新アニメの主題歌を担当だZ(ナタリー)
「美少女戦士セーラームーンチャンネル」(公式・武内直子のコメント)


セーラームーン方面もすでに開拓してるようなので、
あと鳥山明に似顔絵を描いてもらえれば完璧なのでは…


* * *


【ハロープロジェクト】


便宜上ハロプロでひとくくり。


実は日本で鎮静化している間、海外で秘かに浸透し続けていたのがハロプロ。
モーニング娘。は経済産業省がクールジャパン室を設置する1年前に
アメリカの「アニメ・エキスポ」で7500人*1
翌年にはフランスの「JapanExpo」で4000人の有料ライブを成功させています。
(しかもコンサートスタッフのカメラスイッチング技術に驚いたフランスのケーブルテレビ局は特集番組を放送) 

他にもBerryz工房は2008年から毎年韓国、タイ、アメリカなどでコンサートを開催
Buono!はなんとパリのムーラン・ルージュでライブ開催
日本国内のイメージに反し、案外海外で人気が根強いのは、このハロプロ勢だったりするわけです。



ハロプロが国内で一度失速したのは、間違いなく(事務所)センスの古臭さなんですが
海外においてはこれが盤石の「カワイイ記号」となり、
その辺が無意識にマッチしたんでしょうか。

kawaii japan」で検索した画像イメージと、ハロプロの色使いは案外近い。




しいていえば、特にモー娘。が、最近「フォーメーションダンス」で国内の評価が上がっていく半面
ダンスや衣裳の部分で、個人の個性売りが減ってるのが気になるかなぁ。
ちなみに海外で受けだしたのは「女子かしまし物語」という話があるので、
UFAの方ご検討いかがでしょうか。






知名度的にいえば、アイドルで輸出するとなると今はこの3組からになるんでしょうけど、
あと脈がありそうなアイドルもちょっと書いとく。

* * *


【東京女子流】


f:id:drifter_2181:20130314215738j:plain:w400


売り出し方が比較的幼さに頼っておらず、衣裳や小道具などが秀逸。
「TOKYO GIRLS' STYLE」というコンセプトがあるのも結構よさげ。*2




【でんぱ組.inc】


f:id:drifter_2181:20130314220047j:plain:w300


秋葉原発信の、ポップカルチャー担い手的要素あり。
それぞれがアニメやゲーム、ニコ動などにも造詣の深いヲタクでありながら
アパレルブランドとのコラボや、かせきさいだぁのプロデュース曲などを歌っていたりと
今のカワイイカルチャーを担っている女の子像にかなり近い、っていうか具現化した感じ。 *3




* * *


そんな感じで、数時間ほど真剣にクールジャパンなるものと対峙してみたんですが
少なくともアイドル好きのイメージとの落としどころは、

「制服に頼らず、サンリオ的色使いで、細部まで凝ったビジュアルイメージを発信していく」

ってところになるんでしょうか。



どうせならもうちょっと意味のある感じで血税が使われるように、
この記事が政府のあたりまで飛んでいくよう念を飛ばしてみます。



経済産業省!!!!!!!!!!!!!!!!!!!1
クール・ジャパン官民有識者会議!!!!!!!!!!!!!!!!!!!1
パセリ野郎!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!




地方からは以上です。



おまけ

AKB・ももクロ・モー娘。って、そういやみんな漫画化されてんのね。
絵の傾向とか掲載紙が見事に三者三様で面白い。

  



関連記事
「Help me!!はなぜ『バズった』のか」

*1:翌年のAKBは無料開催で3000人

*2:まぁもう女子流もフランス・タイ・シンガポールと海外活動やりだしてるみたいなんですけど。

*3:でんぱ組も実際台湾ライブとかやりだしてる。