小娘のつれづれ

ライター / ずっと一人で自分の「好き」を追い続けています。お仕事のご依頼はこちらへ→ drifter_2181@outlook.jp



「アイドル中古屋雑記 その5 AKBの小さな変わり目」

一昨日、2012年の中古屋納めに行ってきました。

そこでこの年の瀬に、ついに巡ったこのタイミング。
「アイドル中古屋雑記 その5 AKBの小さな変わり目」


「真夏のSounds good !」 200円



・・・この200円という値段付け、
すごく小さい事ですが、実はすごく大きな意味を持っています。



先に前提として、中古市場での「人気作」の最低値は、大体900円
基本的に発売半年以内の人気曲は、この値段は割りません。

発売1年をすぎると、徐々に値段は下がっていきますが
買い手がそれなりにつく有名曲であれば、700円あたりは維持します。
中古市場で「過去作」に認定されるのは、大体発売1年半後くらい。
普通のCDはそこで初めて、500円を割って、ゆるやかに105円に近づいていくのです。



その中で、真夏のSounds good !につけられた200円。
しかも今年の年間シングル売上1位の作品。


* * *


・・・もう少し補足で書いておくと
AKBのブレイクをポニシュとしてこの2年、
中古市場でAKBシングルの値段が著しく崩れる事は、一切ありませんでした。

ミリオンが当たり前になってきたBeginnerあたりから、在庫こそ増加したものの
どんなに同タイトルが並んでも、最低ラインは1枚4〜500円。
一般層、=非ドルヲタの市場の中では、ある程度
「それなりに値段をつけても、AKBのシングルは買い手がある」
という”国民的人気への信頼”が熱を保てていたように感じられます。


しかし、2012年の年の瀬に、コップの水はついに溢れた。


・・・さらにいえば、先の店頭で、
200円になっていたのは「真夏のSounds good !」だけではありませんでした。



「フライングゲット」も。
「Everyday、カチューシャ」も。



今年の上半期まで約3年、ずっと崩れる事のなかったAKBの防壁が、
ついに大きく動き出した。


* * *


ここ2ヶ月くらいの更新でもちょこちょこ言ってますが
2013年はいよいよアイドル戦国時代の大転換期になりそうだなー、とすごく感じています。

アイドル自身の変化もそうですが、
中古屋という一般層の末端でも、はっきりと変動が始まっている事をこの年末に感じました。



もしかしたら、AKBあたりは2013年が一番面白くなるかもしれない。



・・・とりあえず自分もここでついに、AKB関連の作品を色々集め出そうと決意。
とりあえずシングル3枚と、総選挙ガイドブック2012を購入しました。
総選挙ガイドブックは550円。