小娘のつれづれ

一人で自分の”好き”を追いかけ続け、執筆業になりました。2017年に初の単著がでました(乗田綾子名義)。



2017年9月発売の『SMAPと、とあるファンの物語』(双葉社)については【こちら】

「小田さくらが現モーニング娘。に与える”可能性”」

嫁入り(結婚式)1週間前のこのクソ忙しい時期に、
思わずPCに向かわせるほど面白い30分を過ごしてしまってかかずにはいられない。


「SATOYAMA小田さくら密着。」


気づけばこないだも加入については触れてたみたいなんだけどね。
(ここんとこ忙しすぎてまじで色んな記憶がない)


改めて、すげー面白い逸材がいましたね。
この子はここで囲っておかなきゃ!っていう正解。
1名合格も当然だし、


例えるなら小春の奇天烈さと高橋の初期能力の高さ、
佐藤の伸びシロのでかさを持ち合わせた人物。


狼で小田の女ヲタ受けについてみたような気もするので、そこも一応。
女ヲタ受けはしそうな感じですね。
といってもまだどっちに転ぶかわからないけど、今のところ変な媚がないので、
女特有の「第一印象の敬遠されそうな臭さ」はない感じかな。
あとは高橋・鞘師的な憧れの女ヲタがつきそう。


んで小田さくらという子ですが、この子は最初にもう出来てて、
もうすでに「最初の壁」を楽しみとさせる段階にきてる。
悪くいえば「挫折」のあれです。
何が彼女の自信を最初にへし折るのか・・・
でも小春みたいな強さもありそうだし、
とりあえず健康面だけを維持管理してくれればあとは見守るのみで。


んで現存メンバーでいえばですが、
6期は(多分)ほぼ入れ替わり確定なのでいいとして


鞘師にとっては一番大事な存在が入った感。


ダンスも怒られないほどの成長度、歌もすでに1〜2番手、
なのにまだ”加入1年半”。


鞘師の唯一の弱さはここにあります。


一言でいうと「伸びシロ」


ここで加入時に自分のパートをあっさり脅かす歌唱力を持ち、
たった1年での半端ないダンス伸びシロも持ち合わせ、
さらに”同級生”である”1名合格”の超新星の存在。


これって鞘師が目標とする同ハロプロエース「鈴木愛理」が
ベリキューという枠の中で同じように唯一越える事の出来なかった、
そういう「壁」でもあると思うんだよなぁ。
(最近は岡井ちゃんの台頭でやっと愛理にも「壁」が作れてきた感じがあるけど)


でも鞘師には壁を「作ってやれる」んです。
それが「モーニング娘。」だから。


これな!


15年!


Wow素敵!


あと次点で面白そうなのは、意外にサブポジメンバー(ここでいう鈴木と佐藤)かな。
あの2人は期待度0から始まってるので、変な気負いもなく、
ただ秘かにどんどん力を貯めてきている2人。
鈴木は、真面目に同級生でもある小田の素質にちゃんと刺激を受けるだろうし
まーちゃんは感覚で、後輩なのに年上でもある小田の素質に自然と刺激を受けるだろうし
(いつも田中のそばに置かれてるように、前回参照


ここのサブポジ2人はまたこれで結構伸びそうかな。


及第点で、飯窪さん。
彼女はキャラエースなので、初の後輩への対応が注目されそう。


やばいのは工藤、あと意外に石田かな。
結構辛らつに書いちゃうけど、
工藤はビジュアル以外が全然伸びてない、これはやばい。
佐藤まーにもすでに色々抜かれてるのに、小田も初期から大体抜かれてるので
そろそろ出来ないのに他人に教えるとかやってる場合じゃ、
リアルでなくなってきてると思う。
これは工藤の内面成長待ちかなぁ、
という意味では後輩先輩の小田の加入は意味あるかも。


あと石田は、なんだか鞘師へのギラつき感も鎮火してきちゃって
さらに歌エース・ダンスもOKの新星が見つかっちゃったので、
鞘師とのシンメエースのポジションが、今の能力では結構やばい。
ここで踏ん張らないと、矢口ポジションにおかれてしまいそう。
だーいしは頑張ればまだエース狙えるぞ!
何でも屋にされるな!
ってとこでしょうか。


ふくちゃんは個性が違うので(エロ担当)あまり問題なし。
しいていえばいよいよ6期が抜け出す事を覚悟キメるくらいか。
生田は目指してるとこが違うので(世界一)あまり問題なし。


* * *


というわけで、誕生15周年記念コンサートツアーなのに
まさかの全スルーであったオリメン2人生誕の地、
北海道より小娘がお送りしましたorz(2回目)


まーちゃんの凱旋まだだろうか。


かなてくだせーん。


<STORE>


関連記事
「田中れいなと”カラフルキャラクター”」
「モーニング娘。11期メンバー決定!」
「私達が抜いてしまった鈴木愛理の牙」

その他人気記事
「人気記事のまとめ」

twitter / 自分について
@drifter_2181 / 自分について