小娘のつれづれ

一人で自分の”好き”を追いかけ続け、執筆業になりました。2017年に初の単著がでました(乗田綾子名義)。



2017年9月発売の『SMAPと、とあるファンの物語』(双葉社)については【こちら】

「便所の落書きで初めて出禁になった人たち」

もう1日前の事になりますが
第一報見た時は、正直ワラタ


「便所の落書きで初めて出禁になった人たち」

第3者に迷惑をかけ謝罪しない人物に2chの著作物を使われることは、不利益が大きいため、下記のURLにおける2chの著作物の利用を禁止します。
また、本人及び関係者による類似サイトへの著作物の利用も同様に禁止します。

http://yaraon.blog109.fc2.com/
http://hamusoku.com/
http://blog.esuteru.com/
http://jin115.com/
http://blog.livedoor.jp/insidears/



発言の捏造、転載元が明記されていない著作物の利用に関しても、なんらかの措置をとる可能性があります。

※原文:http://2ch.net/warn.txt


有名2chまとめブログに対する、2ch公式の「転載禁止」宣言。


ちょうど2週間くらい前に、2chまとめブログ時代(8年前〜)の事を書いた「「誰か」が殺したまとめブログ」という記事が
まなめはうすさん情報屋さんなどで紹介されてめちゃくちゃ沢山の方に読んでいただいた(のに最近気づいた)事もあったので、
この出来事に関しても、思った事をちょっと書いておこうかなーと思います。


* * *


今回のこの線引きに関して
どのへんがラインなのかってのを考えてた時に、一番思ったのは
「2ch住人としての良識」みたいなとこなのかなーと。


そりゃ根本は掲示板自体が良識ないとこだけどさ。
でも”便所の落書き”だからこそ書ける、人を打つ言葉や情報、考え方もあって
そういう領域を維持するために、この10何年、色んな人が転がしあいながら2chはここまできて。


そしてその領域には、何より「住人」の存在がかかせないわけで、
ひろゆきはずーっとのらりくらりとやりながら
2chという領域を、そしてそれを作っている住人たちの場所を、守ってきた。
別にひろゆきを崇め讃えるわけじゃないんだけど、
ひろゆきが運営としてやってきた事で、営利目的の企業とかじゃなく
2chの住人自体をはっきり否定する事って、なかったんじゃないかなぁ。
(それこそ訴えられても警察に叩かれても)


でも今回公式にNOを突きつけられたのは変な話、「住人」そのもので。


今回名指しされたサイトを管理する”2ch住人”の皆さんはきっと、それぞれ私たちと同じように
「自分は皆と同じ2chの一利用者である」
っていう感覚があったんだと思う。
2chは住人のものであり、住人であれば、好きに利用して構わない、と。
だからその状態で、好きにまとめを作る。
捏造する。
謝罪はしない。
だって『自分は一利用者にすぎないから』



でも今回の5サイトは、もはや一利用者とは呼べないほど
大きな影響力と油を持っていた。
もう何かあったら、2ch全体燃やせるくらいの。



・・・こういうとこが「不利益」とついに言わせちゃった一番の原因なんだと思うなー。
言ってしまえばあの5サイトの管理人は、運営に2chの住人失格の烙印を押されちゃったに等しく\(^o^)/
そしてそれがどれくらい前代未聞で、どれくらい恥ずかしい事かっていう・・・


謝罪という目立つキーワードが入ってたからか、
発表から1日で名指しサイトの全てが不手際を認め、謝罪したみたいですけど
この話の問題って、そこじゃなくて
「便所の落書きで初めて公式に利用を禁止された個人利用者」っていうクソ恥ずかしい称号をもらった所なんじゃないかな・・・
そこが一番前代未聞だと思うんだけど、
名指しされたご本人はそれぞれそのへんどう思ってるのか、ちょっと気になる!


* * *


今回の件で、まとめブログのやり方もまた少しずつ変わっていくのかなぁと思いますが。
個人的にはもうちょっと昔のように
個人の人格が反映された2chまとめっていうのが増えても、面白いんじゃないかなーと思います。
ただ実体験として、それ本気でやろうとしたらものすごく気力持ってかれるけどw



・・・でももうちょっと、2chまとめが住人の手の届く範囲に帰ってきてもいいと思う。
2chまとめに少しでも関わって思い出も沢山もらった人間として、
もう金儲けとか捏造とかの代名詞みたいな言葉で聞かされるのは、いい加減悲しい。



* * *


6/7 追記
まなめはうすさんの「★5つのまとめブログに転載禁止令まとめ(更新順+α)
にこの記事のリンクがのっかったみたいです。
この件に関しての各所の反応を見たい時には、導入部分として入りやすい一覧だと思うので
興味のある方はそちらのチェックもどうぞ。



関連記事
「「誰か」が殺したまとめブログ」
「"情強"ほどネットの海に溺れていく話」

その他人気記事
「人気記事のまとめ」

twitter / 自分について
@drifter_2181 / 自分について