小娘のつれづれ

ライター / ずっと一人で自分の「好き」を追い続けています。お仕事のご依頼はこちらへ→ drifter_2181@outlook.jp



「地方在宅の遠吠え」

℃-uteがすさまじい接触イベをやるそうです。


〜℃-ute Cutie Circuit 2012 君は自転車 私は電車で帰宅〜

●2012年5月12日(土) 半蔵門WinPa(東京) 「ゆっくり、しっかり握手会」
●2012年5月13日(日) 横浜BLITZ(神奈川)
●2012年5月27日(日) 御堂会館(大阪)

〜『君は自転車 私は電車で帰宅』発売記念チェキ会〜

2012年6月9日(土) R'sアートコート(労音大久保会館)

<第�部> 11:00-12:00 <入場受付時間 10:50-11:40>
<第�部> 12:20-13:20 <入場受付時間 12:10-13:00>
<第�部> 14:00-15:00 <入場受付時間 13:50-14:40>
<第�部> 15:20-16:20 <入場受付時間 15:10-16:00>
<第�部> 16:40-17:40 <入場受付時間 16:30-17:20>
<第�部> 18:20-19:20 <入場受付時間 18:10-19:00>
<第�部> 19:40-20:40 <入場受付時間 19:30-20:20>
※℃-uteメンバー5名とお客様の計6名でのチェキ撮影会です。


これ、ヲタの中でも結構物議を醸してまして。
私はそもそも地方在宅なので、こういうのはまったく関係のない話なんですが、
関係のない在宅だからこそ、少し思うことがあって。
twitterでそれを書いたんですが、せっかくなので
ブログの方にもつぶやきを再編集して、書き残しておきたいと思います。



「地方在宅の遠吠え」



上にも書いた通り、私たち在宅民、地方民は
いくら接触イベが増えても、まったく関係ありません。
関係ないからこそ、あえて言わせてもらえば、
「なんで最大の売りであるパフォーマンスより、接触で消費させるの?」です。


例え東名阪狙い撃ちの接触攻勢で売上上がったとしても、
それでモチベ上がるのは周辺に住んでる現場ヲタだけじゃないかなぁ。
「接触でCD売れて、歌う機会が増えるならいいじゃん」と言われるかもしれないけど、
在宅のモチベが下がり、地方ヲタが息絶え、日本というマーケットの中でどんどん孤立していったら、
歌う機会どころか、将来コンテンツ自体が倒れてしまいませんか。


私たちも同じように「歌う機会を増やしてあげたくて」CD買ってますが、*1
現場と同じ強い応援の気持ちを抱きながら、イベント券を捨てています。
数ヶ月に一回味わってる、在宅や地方民のその虚しさを、一度想像した方がいい。
コンテンツを死なすには充分の虚しさだよ。


そして私があえてこれを書いてるのは、
「在宅や地方民の景色は世間一般の景色にとても近い」
ということです。


現場という特殊な環境ではなく、日常生活の中で、
それでも多少なりとも興味を持って応援している私たちにすら、
グループの魅力や頑張りが届かないプロモーションが、
さらにその遠く先にある世間に届くはずがない。


なんかこう考えると、その流れの中で
「もう1回ショッピングセンターを回りたい」
って言ってる℃メンの方がよっぽど冷静で正しい事言ってるような。
今の℃-uteに接触やらすなら、
首都圏の限定客とチェキとかゆっくりしっかり握手とかじゃなく、
全国で不特定多数にパフォーマンス見せての接触の方が効果あるんじゃないでしょうか?
現場ヲタだって、ゆっくり握手より歌や踊りを見たい人は多いだろうに、
特に℃-uteは。



AKBが生み出した接触サービスでの訴求は、
あくまでもAKB世代のスマイレージがハロでのラインであって、
それ以前から活動しているベリキューは、
それこそ接触に頼らない実力があると思うんだけど・・・



そう思ってるのはヲタだけなんでしょうか?



メンバー固定なシステム上、ベリキューの時計はずっと進み続けています。
こんなに素晴らしいグループの旬を、接触で消耗するには惜しすぎる。*2


関連記事
「アイドル戦国時代のその先 〜ハロプロ〜」
「私達が抜いてしまった鈴木愛理の牙」
「AKBの功罪」



* * *


17:30 追記
私はあくまでも在宅の意見ですが、(多分)現場の方の意見はこちら。
ファンの離反が止まらないハロプロ (朝飯前。さん)
場所が違うのに言ってる事がとても似ていたという


3/30〜 さらに追記
続・ファンの離反が止まらないハロプロ(朝飯前。さん)
「ファンの離反が止まらないハロプロ」関連記事を拡散する(天使と奇跡を見守る日記さん)

*1:私はちなみに、推しのグループはその気持ちで普通に4〜5枚は買ったりする事もあります もちろんミニライブや握手が楽しめるイベント参加券は全てただの紙くずに・・・

*2:まぁそもそもここで渡された曲が、パフォーマンスに持ってきずらいバラードなのはわかるけどさ。ここでバラード&接触偏重のシングル出されると、その次のシングルはよっぽど良曲持って来ないと売上がほんとに怖い