小娘のつれづれ

ライター / ずっと一人で自分の「好き」を追い続けています。お仕事のご依頼はこちらへ→ drifter_2181@outlook.jp



「天才と凡人」

音楽誌にまつわるオトナの事情

というtogetterのまとめを読みました。

金払ってインタビューしてもらうのとかはもう嫌だな。


もともと良識とビジネスのさじ加減は存在したんだけど、
近年は「良識だと思ってた行為が実はビジネスだった」、
と判明するセンセーショナルな出来事がかなり多かったから、
そのへんに疑心暗鬼な一般人がかなり増えて今に至るわけですが


このへんの話で、
音楽業界の中の人である知り合いとちょっと話した事もあって
自分なりに考えてみたことを少し。





音楽に関していえば、本当に「天才」って1%くらいいて
そういう人はほんと無意識に自由にすごい作品を生み出すんですよね。

んでそれに触れていくのは、99%の「凡人」。
その99%の凡人が、天才から受けた衝撃の一端を自分なりの方法で表現しようともがき、磨き、
そういう動きが、感覚に由来する音楽をビジネスとして構築したもの、


という感じなのかなぁ、ぼんやり。


あえて上で書いている「凡人」には、
受け手側だけじゃなく、数多くの発信側の人も含まれてると思います。
は?お前何様?みたいなとこはあると思いますが、
その人たちが普通のラインから努力、情熱、経験で作り上げて発信していく表現にも、
決して才能だけじゃ生まれない面白さや深さがあるのは受け手側にとっては周知の事実で、
それを踏まえてのあえての表現です、と補足。

その上で話を戻すと、そういう発信側の、特にアーティストたちの中で、
やっぱり感覚の世界だからこそほんとに
「天から才能を授かった人」が存在する世界なんですよね。


もちろん自分も凡人の、その中でも私は下の方だと思うので
うまい言葉にできませんが、
音楽業界というものをパッと考えてみると、
なんかそういう天才と凡人のループで成り立ってるものなのかなとちょっと思ったんですけど。


続けて、上のtogetterまとめに
興味深いつぶやきがいくつかあったので、さらに引用。


俺は『音楽で飯を喰ってない』。
『音楽だけで飯を喰おうと思ってない』。
だから『音楽を愛してるけど、すがってはいない』。
これが音楽に対して言いたい事を言う俺の根拠。

まぁ結局、広告取らないで中身の面白さだけで売れてる雑誌ならそれが一番だし、
みんなも買うんじゃね?ってハナシ。
難しいかも知れないけど、中身のあるバンドはみんなそれを音楽でやってる。
お互いフェアにやろうよ。


nabekawadazeさん


作った物が良い作品であったとしたら、
それに纏わる取材もインタビューも喜んで受けるし、
良くなかったら無視されて仕方ないと思う。
それをそのメディアがそのメディアなりに公正にジャッジしてくれるなら。
広告と抱き合わせて商売するっていう仕組みがちょっともう嫌だなと思ったわけです。


五味岳久さん


音楽を生業にする「職業音楽関係者」が増える程、生活するためのしがらみが増えて、
面白いと思うこと、正しいと思うことは出来なくなる。
だからこそ、生きる術を別に持っていればやりたいことがやれる。
そして言いたいことも言える。


やっぱり生活の糧にしてしまった場合、
お金もらうためにはある意味で自分を売らなきゃいけない部分は否定出来ないと思う。
よく「好きなことを仕事にするな」って言うのはそういうことだと理解してる。


ただここでいう「仕事」はあくまでも「生業としての」仕事。
本気でやりたいことやるために、生業としての仕事を別に持って、
しがらみなしにやりたいことやる。
残念ながら今の世の中、音楽ってその方がのびのびと、
かつすげえもの産める状況にある気がするんだよな。


Penguin Diver (Ai)さん


バンドマンの人達の言い方だと媒体や店舗の人間は
金でしか動かないみたいな言い方をするけど絶対そんな事は無い!
自分は店舗の視点でしか言えないけど金の事しか気にしないレコ屋バイヤーなんていないよ


もちろん店舗だって商売だし自分のやりたいことばっかりやってたら店が潰れてしまう。
リスナーに音楽を届けられないなんて最悪の事態を避けるために
トレンドなんてくだらないものに振り回されながら売りたくも無い音楽を売る。
その隙をついて自分が本当に売りたい音楽を売ってるんだよ。


実力はあるのに金が無いバンドが少しでも自由にやれるために、
なるべくたくさんの人達に聴いてもらえるように、
レコ屋のバイヤーはアンテナを張っている。


サクマユウヘイさん


音楽誌の件、共感得るもの多々ありだな。
自分はネットプロモーションを生業にしているが、
プロモーションと言う行為自体が虚しい時があるし時代に合っていない気がする。
売るためでは無くマッチングのプロセスとして考えなきゃいかんよね


satooさん


こういう色んな言葉を読んで思うのは、やっぱいつもの結論に終着してしまうんだけど
一凡人としてはせめて、
凡人は凡人たる自分をしっかり確立しなきゃダメだ、ということ。
いくらメディアのステマ垂れ流しに気づいたとしても、
公式からの意図を隠した綺麗事や、ノイズの除去されたまとめサイトにすがり続けたら
それは結局今までのメディアを介した搾取関係と何ら変わらないと思うんだよね。


別に崇高な考えじゃなくてもいいんだから、
自分なりに何が好きか、どうして好きか、
好きなものに対して良識を持った凡人であろうとするスタンスは、本当に大事だと思う。
今みたいな時代はなおさら。


ビジネスの内部構造に関しては、
私はプロじゃないので口出せる範囲じゃないですが、
せめて私らは自分なりの良識で、そのやり方を判断していく人でありたいですよね。
嫌だと思ったものはスルーする反面、いいと思うものにはできる範囲での対価をしっかり払う。


なんかこれも言ってしまえば綺麗事だし、
一般人一人の良識どうこうで簡単に変わるもんでも絶対にないですけど・・・
でも感覚のやりとりで信頼関係が成り立ってる以上、
せめて私らが、自分の感覚には誠実でありたいと思うのは
そんなに変な話でもないと思う。



それにしてもまぁ、何気なく浸透してきたようなネットですが
考えてみると凡人のあり方が思いっきり根底からひっくり返されたような、
そしてまだそれがぶちまかれたまんまの状態ですよね。


こういうのを一つずつまた拾い積み上げていってるのが今なわけで、
個人的には今の時期をとても大事にしていきたいです。


PS
ちなみに、このへんも非常に興味深かったです。
過去と未来 | 田中宗一郎 | TheFutureTimes