小娘のつれづれ

ライター / ずっと一人で自分の「好き」を追い続けています。お仕事のご依頼はこちらへ→ drifter_2181@outlook.jp



「北の地より日本武道館に寄せて」

私がこの14年、モーニング娘。を応援していて一番辛かったのは
2004年から2005年にかけての、2年間の時期だった。

あの頃は、本当に辛かった。
安倍が抜け、辻加護が抜け、ハローがどんどん世間の注目から外れていった時期。
CDの売上げもどんどん減り、逆に叩かれる事はどんどん増え。
事務所自体も方向を見失い、「涙の止まらない放課後」というシングルを出した。
この曲、こんこんとヲタにはもちろん意味のあった楽曲だけど、
グループの視点でいえば、「歌も踊りもフォーメーションも放棄したモーニング娘。」であった。
モーニング娘。の良さを、誰もが見失っていた。

その後も流れは止まらず、最後のオリメン飯田、グループの核だった石川の卒業、
そしてとどめにリーダー矢口のまさかのスキャンダル脱退。

最悪だった。
しかもそんな時に出たシングルがコッテコテの「大阪恋の歌」。
後に再評価されたこの曲だけど、タイミングとしては最悪だった。
今でも私は、上の2曲は自分からほぼ聴かない。
この時期は、それくらい辛かった。
もちろんメンバー自身はとても頑張っていたから、応援し続けたけど、
でもメンバー自身も、若さゆえ、グループとして散漫になりかけていた。


後にも先にも一回だけ、
「もしモーニング娘。の歴史が止まるとしたら、ここなんじゃないか」
って本気で思っていた。


それを脱するきっかけとなったのは、
紛れもなく吉澤ひとみの存在だったと思う。
突然の矢口脱退で、半ば暫定的に転がり込んだリーダー職。
しかし吉澤は、真摯にその責務と向き合い、グループを牽引した。
後輩であり続けていた1人1人を「メンバー」としてきちんと尊重し、
モーニング娘。自身が、もう一度モーニング娘。を構築し始めた。

そしてその変化を一番早く感じとったのはファン。
吉澤がリーダーに就任してしばらくすると、諦めや惰性で応援していたファンが、
グループ自身が生まれ変わろうとしている事に気づき始めた。
そうしたファンたちもまた、モーニング娘。の再構築に参加していく。

その結果、「歩いてる」は3年半ぶりにオリコンチャート1位を獲得する。

その半年後、吉澤はモーニング娘。を卒業するが
そうしてモーニング娘。の存在を再構築していった世代が、
後世まで語り継がれるであろう”プラチナ期”を築き上げ、
そして新世代の9・10期にモーニング娘。を繋げた事は言うまでもない。*1

私がモーニング娘。に他アイドルと違う思い入れを持っているのは、ここにある。


モーニング娘。は一回、底を見た。
売上げや知名度ではなく、グループの本質をグループ自身が見失った「底」。
それに今だって、世間に言わせれば底である。
CDは売れないしTV露出は少ないし、世間一般から見れば大意で今もオワコンなんだと思う。

でも、メンバーとファンは決してモーニング娘。を見捨てなかった。
そして事務所だって、モーニング娘。というコンテンツを見捨てる事はしなかった。
だから世間から忘れ去られても、モーニング娘。の熱は冷める事無く、
結成13年後に平日の横浜アリーナを満員にした。
結成14年後でも平日の日本武道館を満員にした。
そして結成15年めの今日も、「モーニング娘。」は日本武道館でステージに立つ。


今日まで歩んできたメンバーやファン、スタッフたちを一言で表現するのはとても難しい。
それぞれがそれぞれの役割でやってきた事が、今に繋がっただけのことである。
でも本来寿命の短い女性アイドル界で、
これだけの歴史を紡ぎ続けているのはもはや偉業だ。
そんな全ての人に向けた本営なりの賛辞は、
ちょっと、いや大分かっこ悪いけど、
それでも今日はいい言葉だなと思っている。


「勇者タチ、集合セヨ」



関連記事
「21世紀」
「15周年のお祝いに初期のモー娘。名曲をならべてみた」

その他人気記事
「人気記事のまとめ」

twitter / 自分について
@drifter_2181 / 自分について

*1:これ書いたの15時くらいだと思うんですが、23時に愛佳ブログの写真見たら泣きました 「金テープ♪」